記事

外資系企業誘致へ 経産省包括策の問題点

経済産業省は5日、外資系企業のアジア統括拠点や研究開発拠点を日本に誘致するための包括策をまとめた。地方税を含む法人実効税率を当初5年間は28.5%に引き下げる。入国審査などの手続き迅速化や補助金も用意する。

税制優遇などは年間投資額などの一定条件をクリアした企業が対象。まず30社の誘致を目指し、国内経済の活性化につなげる。



(日本経済新聞2010年1月6日5面)


【CFOならこう読む】


「法人実効税率は2011年度税制改正で5%下げて35.64%となるが、認定企業に対してはこれを28.5%に引き下げる」(前掲紙)


外資系企業のアジア統括拠点や研究開発拠点を日本に誘致することの重要性は理解できますし、その必要性についてこのブログでも繰り返しお話ししているところです。


しかし、それによって日本に本社や研究開発拠点をおく日本企業が、競争上不利になることがあってはなりません。外資を誘致するために法人税率を引き下げることは必要だと思いますが、それは外資だけを対象にしたものでなく、全ての法人を対象にするものでなければいけません。


そうするとまたぞろ財源の議論になるわけですが、手当てすべき税収減の計算は、税率引き下げにより新たに誘致される外資企業や日本からの撤退を考える企業(当然日本企業も含まれます)の税収まで考慮にいれて行われるべきです。


管理会計的に言うと差額原価の概念です。


そして差額原価には当然に機会原価(いくつかの選択肢がある場合、ある選択肢を採択することにより逸失する他の選択肢から得られる利益)が含まれます。


要するに、財源がないからこれ以上法人税率の引き下げは行わないという意思決定によるコストには、そうしなければ日本から撤退するであろう企業の税収減や、税率の引き下げを行えば日本に進出してくるであろう外資による税収増まで含めて考えなければいけないということです。



経済産業省はともかく財務省にはこのような視点が欠落しているように私は思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  5. 5

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  8. 8

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  9. 9

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

  10. 10

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。