記事

【参院安保特】「警察能力と防衛出動の間に出来ることがある」大塚議員

 参院安保特別委員会で14日に開かれた集中審議で、大塚耕平議員が質疑に立った。

 大塚議員が「海外派兵は原則としてしないのかと」質すと、安倍総理は「武力行使の目的を持って武装した部隊を他国の領土・領空・領海へ派遣する海外派兵は、一般に自衛のための必要最小限度を超えるものであって憲法上許されない」と答えた。

 大塚議員がさらに、「一般的には理解できたが、例外的には条件が整えば他国内で武力行使もできるのか」と聞くと、安倍総理は「法理上、一般に海外派兵は禁じられている。しかし同時に、座して死を待つべきではないという考え方で、策源地攻撃という法律上の例外を置いている。法理上はそうだが、政策上は打撃力を持っていない」と答えた。大塚議員が、「それでは今後、そういう(策源地攻撃の)能力を持つのか」と追及すると安倍総理は、「打撃力は米国側に依存して共同で対処していく。安倍政権では(日本が策源地攻撃の打撃力を持つということは)想定していない」と答えた。大塚議員は、「見通せない先々においては他国を武力攻撃する能力を持つ可能性について、ないとは言い切れないということではないか」と述べた。

 続いて大塚議員は、「公海上の邦人救護の方針について、日本人が乗船していても助けない場合があるのか。政府統一見解では、『確定的なことを言うのは困難』としているが、相当条件が整わないと防衛出動できないのではないか。警察能力と、防衛出動の間に何か出来ることはないのか。間に合わなくなる前の対応として、民主党は維新ともいっしょに領域警備行動、海上警備準備行動という概念の導入を提案している」と、島しょ部を含む最も喫緊の課題であるわが国の領土を守るための警察権と自衛隊とのスムーズな警備措置を実現する法案を紹介した。

安保法案の問題点を次々に追及する

安保法案の問題点を次々に追及する

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  2. 2

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  3. 3

    「キレるおっさん」に自分もなっているのではないかという恐怖

    内藤忍

    10月15日 09:35

  4. 4

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

  5. 5

    小室圭さん、月曜日に秋篠宮ご夫妻に挨拶へ

    ABEMA TIMES

    10月15日 17:30

  6. 6

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  7. 7

    みごとな「安倍路線継承内閣」で、衆議院選は自民議席30減か

    田原総一朗

    10月15日 11:59

  8. 8

    山尾志桜里氏 衆議院解散で議員最後の挨拶「心から感謝」

    山尾志桜里

    10月15日 13:00

  9. 9

    もしかしたら片道切符?!解散時、失職をするのになぜ衆議院は「万歳三唱」をするのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月15日 10:00

  10. 10

    ドコモ通信障害、サーバー切り替え失敗が発端 影響全国に

    ロイター

    10月15日 16:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。