記事

「中田ヤスタカの時代」はいつまで続くのか そして、YMO派、銀蝿派



昨日のエントリー
なぜ音楽評論家は、はっぴいえんどの『風街ろまん』を聴けというのか
は、松本隆さんご本人に、Twitter、Facebookでとりあげて頂いたこともあり、ものすごいPV数だった。感謝。いや、あこがれのあの人とつながった、という、そういう瞬間、ソーシャルメディアのメリットってあるんだよねと思ったりする。

今日も音楽談義。

昨日のエントリーでも紹介したが、川崎大助さんがこの本で発表した日本のロックベスト100の100位はPerfumeの”GAME”だった。



佐々木敦さんのこの本、最後の章は「中田ヤスタカの時代」である。

そう、はっぴいえんどから始まった(というと、これまた論争が起こりそうだけど)日本のロックは、いま、「中田ヤスタカの時代」を迎えているといえる。きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfumeなどは彼のプロデュースだし、彼自身が出演するユニット、Capsuleも人気を集めている。

この「中田ヤスタカの時代」という言葉には、一定の同意をせざるを得ない。

先日、お邪魔したSUMMER SONICでも中田ヤスタカが手がける音楽は存在感があった。前夜祭的イベント、ソニックマニアでも、最も動員がよく、会場を踊らせていたのは、私が見る限りではPerfumeだった。言ってみれば、「アイドルグループ」と括ることもできるのだが、そこには歌って踊れる楽しい空間と時間があった。



先日リリースされた、最新作”WAVE RUNNER"にボーナス・トラックと、ライブDVDをつけて発売したDELUXE EDITIONもいい感じだった。ライブDVDが欲しかったので、もともとの音源を持っているのにも関わらず、購入。

このDVDが実に楽しい。何度も見てしまった。ちょうど、このDVDが収録された日のライブに私も行っていたのだが、そこには、みんなで叫んで踊れる音楽空間があった。かつ、そこで奏でられた音楽は、いつも、どこかで聴いているような面影があり。つまり、今の時代に流れている音楽は、中田ヤスタカ的な音楽であり、「中田ヤスタカの時代」という言葉に納得したのである。

この手の「流行りもの」があると、その時代はいつまで続くのかみたいな議論が起こるわけだけど、少なくとも「中田ヤスタカの時代」というものが存在し、彼が日本の音楽を機械音や女性の声とダンスをフィーチャリングしつつ、より踊れるもの、楽しめるものにしたことは間違いなく事実だと思う。

一方、音楽というのは言うまでもなく多様化している。中田ヤスタカの対極にあるような、電子音を使わず、ギター、ベース、ドラム、ボーカルで音を叩きつけるようなバンドも支持を得ている。そして、かっちりした作りこんだ音楽が流行った後は、原点回帰的な音楽が流行ることも歴史が証明している。さらに音楽はつながっていく。

ふと、オーケンのオールナイトニッポンで聴いた「YMO派」「銀蝿派」という言葉を思い出した。80年代前半、当時の中高生の間にはこんな言葉があったのだ。要するにYMOのファンと、横浜銀蝿のファンだ。テクノミュージックと、(コミカルな)ロックンロールということか。

電子音が流行ると、それと合わせてプリミティブでフィジカルな音も流行る?

まあ、いいじゃないか。その時代の創り手と、聴き手の想いで時代は動いていく。そこには愛惜の念も、因果の鎖も両方存在するのだろう。

いま、ちょうど、(簡単にいうと)サブカル×労働の本を仕上げているのだけど、私の最近の問題意識なのだが、サブカルという言葉は逆にポップカルチャーになっていて。サブカルを装ったポップカルチャーであり、所詮、ポップカルチャー。ただ、所詮、ポップカルチャーで何が悪いのかという、そんな問題意識がいつもある。評論家は評論するのが仕事なので、そこはまったく否定しないが、彼らが難しく語ることをいったん手放すことも必要なのではないかと思う。

そこに当たり前のように、空気のように存在して、勝手に楽しむもの。時代に流れているもの。音楽でいうと、聴かれて、歌われるもの。それがポップカルチャー。

さて、「中田ヤスタカの時代」の次は、何の時代なのだろう。楽しく音楽にまみれながら待つことにしよう。

画像を見る

しかし、Capsuleの新譜、本当にいいよ。日本のポップミュージックの現在を知るためにも聴いた方がいいよ。

さて、今日も仕事。凡人は努力しなくてはならない。音楽聴きながら頑張ろう。

あわせて読みたい

「中田ヤスタカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。