記事

債務のGDP比は国家のデフォルトリスクの指標になる?

「日本の国家債務残高はGDP比170%」

このように国家債務残高のGDP比が財政危機の指標としてよく使われます。
しかし、この「債務残高のGDP比」はそれほど当てになるのでしょうか?

≪1990年〜2007年のデフォルト国家とその債務残高/GDP比≫
・メキシコ : 47%
・タイ : 58%
・インドネシア : 83%
・韓国 : 40%
・マレーシア : 52%
・ロシア : 59%
・ブラジル : N/A
・トルコ : 83%
・アルゼンチン : 60%

≪現在の主要国の債務残高/GDP比≫
・日本 : 220%
・ギリシャ : 143%
・イタリア : 119%
・シンガポール : 97%
・アメリカ : 93%
・ポルトガル : 93%
・カナダ : 84%
・ドイツ : 83%
・フランス : 82%
・イギリス : 80%
・スペイン : 60%
・インド : 69%
・ブラジル : 66%
・スイス : 55%
・フィンランド : 48%
・アルゼンチン : 48%
・ノルウェー : 45%
・デンマーク : 44%
・インドネシア : 43%
・スウェーデン : 40%
・南アフリカ : 36%
・韓国 : 31%
・オーストラリア : 22%
・中国 : 18%
・ロシア : 9.9%
・チリ : 8.8%
・エストニア : 6.6%
・香港 : 4.8%
・アルジェリア : 1.2%
 -参考:TradingEconomics.com (2011年10月17日確認)

過去の国家デフォルトの債務残高/GDP比では、それほど債務の比率は高くありません。60%程度でも破綻しています。

債務残高/GDP比が国家デフォルト指標」という仮定で過去のデフォルト水準と今の国を比べてみます。
シンガポール、カナダ、ドイツあたりはかなり危機的な水準のようです。北欧諸国もかつて債務危機を起こしたメキシコや韓国の水準ですから危険なようです。そして、アルゼンチン、インドネシア、韓国あたりは優秀、ロシアやチリは10%を切っており非常に優秀です。

・・・このデータを見ると、国家のデフォルトを語る時に債務残高/GDP比を振り回すことがふさわしく見えません。債務残高/GDP比も国家デフォルトの要因なのかもしれませんが、説明力はそれほど強くなさそうです。

「日本の債務残高/GDP比が●●●%になった。デフォルト危機だ」のような主張は疑いたいですね。

債務残高/GDP比が高くても全く構わないとは思いませんが、国家のデフォルトを考える時には対外債務など別の指標が適しているのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「アルジェリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。