記事

公明党に「安保撤回」迫る ひとりの学会員にママデモが援軍 

画像を見る

根気強さと平和への執念では誰にも負けないママデモと天野さんは、公明党にとって脅威だ。=10日午後、公明党本部前 写真:筆者=

 公明党本部から門前払いに遭いながらも「安保法案の白紙撤回」を求める署名を山口代表に手渡そうと、ただひとり立ち尽くす学会員の天野達志さん(愛知県安城市・農業=51歳)。

 天野さんに強力な助っ人が現れた。創価学会本部前で抗議行動を続ける女性たち(ママデモ)だ。

 彼女たちは一ヵ月も前から「公明党を平和に目覚めさせて」などと書いたプラカードを掲げてサイレントデモを続けている。

 ママたちはきょう昼過ぎ、公明党本部前に到着し天野さんと合流した。天野さんの活動が他人事ではないからだ。

 仕事を休んできた女性もいる。朝方までかかってプラカードを作った。天野さんのために作った新作は「連立与党を離脱してください!!」。

 別の女性は「仲間を大切にできない党って何だろう。平和の党じゃない。5時間も待たせて出て来ないって人でなしだ(※)」と憤る。

画像を見る

「嬉しい。女性たちが一番強いですから」。ママデモの到着を喜ぶ天野さん。=10日午後、公明党本部前 写真:筆者=

 天野さんは9,143筆の署名をカンガルーのようにお腹の前で抱えていた。大切な署名を濡らしてはいけないという配慮からだ。

 きょうも公明党本部に電話連絡を取り続けているが、コジマと名乗る男性職員は「山口代表が署名を受け取ることはない」と突っぱねた。

 「3日間こういう形で、待ち続けている。疑問、不信感は日に日に高まっている。(署名は)けっこう重いですよ」。

 ママデモの一人は「(公明党は)取り繕う気持ちもない。聞く気もない。安保法案を強行採決するつもりなんだろうな。気持ちが揺れてたら会うはず。恐ろしい国だ」と顔をくもらせた。

 「一人にしてはいけない」。ママデモは明日も天野さんを支える。

  ~終わり~
(※)
天野さんは初日の8日、公明党本部前で4時間40分も待たされたが、国会議員どころか職員に会うこともできなかった。

  ◇

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    いま森友? 立民議員の質問に憤り

    鈴木宗男

  10. 10

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。