記事

TICADとICC

中国の抗日70年記念パレードに、バン・ギムン国連事務総長が出たことの関係で、一部に「国際刑事裁判所(ICC)で起訴中のオマール・エル・バシール・スーダン大統領が出席しており、そんな人物と国連トップが同席することはけしからん。」という論調がありました。国連憲章第7章によって、国連安保理からスーダンのダルフール事件でICCに案件付託されています。

 その論調の是非については、あえてコメントしませんが、私の頭の中には「来年のTICAD(アフリカ開発会議)、どうするんだろう?」という思いが浮かびました。

 来年のTICADは、第6回目にして初めてアフリカ開催です。アフリカ側に開催国選考を委ねたら、手を挙げたのがケニアとガンビア。ガンビアについては、昔、エントリー(ココ)を書いたことがありますので参照ください。近くに2年住んでいた者として、直感的に「無理」と思います。多分、ジャメ大統領の思い付きでしょう。

 それで、最終的にはケニアに決まったわけですが、ケニアのウフル・ケニヤッタ大統領はそれこそICCから、2007年の選挙暴動への鎮圧関係で告発され、一度はハーグのICCに現職大統領としては初めて出廷しています。ただ、最終的には昨年末に告訴は取り下げられています。

 ただ、ウィリアム・ルト・ケニア副大統領は同じ件で現在でもICCでの審理が続いています。かなり進んでおり、判決もそう遠くはなさそうです。ICCで起訴されているという意味では、オマール・エル・バシール大統領と何ら変わりません。

 しかも、多分、ケニアでTICAD開催するとなれば、エル・バシール大統領は来ます。お近くですし、アフリカの中での連帯から言って、普通にやってきます。そもそも、ケニヤッタ大統領は自分のアピールの場だと思っているはずですから、すべてのアフリカ首脳を強くお誘いするはずです。

 国連事務総長たる者がICCで起訴されているエル・バシールと同席するとは怪しからん、と言ってしまうと、来年のTICADで日本の総理がエル・バシールやウィリアム・ルトと同席してしまう事とのパラレルが出て来るのですね。

 まあ、今年7月オバマ大統領がケニアを公式訪問しているから特に問題ないんですかね。ただ、アメリカはICC自体に背を向けていますから、関係ないと言えば関係ないと言う事も出来ます。

 アフリカ側に開催国選考を全部任せたことがこういう困難を招いているのだと思います。何もケニアでなくても、もっとやりやすい国はあります。南アフリカ共和国を外したサブサハラで、独裁色(過度の長期政権)が無く、紛争とも縁がないという基準で選んでも、セネガル、ベナン、タンザニア、ボツワナ、ザンビア、マラウィ・・・、色々あるんですけどね。

あわせて読みたい

「ケニア」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。