記事

これは終わりの始まりかも知れない

維新の党の松野代表が自分の足元固めのために大胆に執行部人事に手を付けて強権体制構築に踏み切ったが、少々フライング気味だったようだ。

せめて安保法制関連法案の採決まで我慢すれば、案外懐が深いぞ、さすが政界の寝業師と言われるくらいに凡庸な一般の国会議員とは違った資質の持ち主だ、まだまだ何が起きるか分からないぞ、と一般の国民に思わせたかも知れないが、こんな風に実に分かりやすい行動に出てしまうと、ああなんだ、やっぱりこの人はこの程度だったのか、と見切られてしまうだろう。

何かとてつもないことをやりそうな人と、ああ、この人がやるのはこの程度だろう、と簡単に見切られてしまう人とどちらが人を魅き付けるかと言うと、多分、多少常人の理解を超えるがどこかミステリアスなところを持っている人に軍配が上がるだろうと思っている。

何にしてもこの段階で大阪系の人たちを切り捨てる宣言をしてしまったのは、維新の党の終焉を早めるだけの効果しかない。
私がその動向を注視している若い方がどうやらこの渦の中に巻き込まれてしまいそうだ。
民主党の組織に呑み込まれるだけの野党再編には殆ど展望がないのだが、橋下氏や松井氏の挑発に乗って松野氏もつい切れてしまったのだろう。

結いの党のメンバーを役員の一角に据えてはいるものの、民主党との合流の話を進める段階でいずれは袂を分かつことになる運命である。
いずれは解体される維新の党の執行部に名を連ねても、実際の党運営の方針は松野代表と新幹事長に選ばれた旧民主党の国会議員の二人で決めることになるのだろうから、まあお飾りになってしまう可能性が高い。

終わりの始まりだな、と思っている。
気の毒だが、先はない。

終わりの始まりは、実は自民党にも見られる。
力づくで安倍総理の無投票再選を実現した、という内情が次々に顕われている。

自然の流れでそうなったのであればいいが、対抗馬を立てて何とか開かれた総裁選挙を実現したいと願っていた人たちの純粋、従僕な思いをよってたかって力づくで封じ込め、動けないようにした、ということであれば、いつかはその咎が現れるはずである。

強権政治が流行り始めたようだが、今の日本では、こういう強権政治は長続きはしない。
たとえ政党というちっぽけな組織の中のことだと言っても、仲間の人たちの言論の自由や政治行動の自由を力づくで制約するようなことには、嫌悪感を覚える人が多いだろう、というのが私の感想である。

あわせて読みたい

「維新の党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  9. 9

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。