記事

これは終わりの始まりかも知れない

維新の党の松野代表が自分の足元固めのために大胆に執行部人事に手を付けて強権体制構築に踏み切ったが、少々フライング気味だったようだ。

せめて安保法制関連法案の採決まで我慢すれば、案外懐が深いぞ、さすが政界の寝業師と言われるくらいに凡庸な一般の国会議員とは違った資質の持ち主だ、まだまだ何が起きるか分からないぞ、と一般の国民に思わせたかも知れないが、こんな風に実に分かりやすい行動に出てしまうと、ああなんだ、やっぱりこの人はこの程度だったのか、と見切られてしまうだろう。

何かとてつもないことをやりそうな人と、ああ、この人がやるのはこの程度だろう、と簡単に見切られてしまう人とどちらが人を魅き付けるかと言うと、多分、多少常人の理解を超えるがどこかミステリアスなところを持っている人に軍配が上がるだろうと思っている。

何にしてもこの段階で大阪系の人たちを切り捨てる宣言をしてしまったのは、維新の党の終焉を早めるだけの効果しかない。
私がその動向を注視している若い方がどうやらこの渦の中に巻き込まれてしまいそうだ。
民主党の組織に呑み込まれるだけの野党再編には殆ど展望がないのだが、橋下氏や松井氏の挑発に乗って松野氏もつい切れてしまったのだろう。

結いの党のメンバーを役員の一角に据えてはいるものの、民主党との合流の話を進める段階でいずれは袂を分かつことになる運命である。
いずれは解体される維新の党の執行部に名を連ねても、実際の党運営の方針は松野代表と新幹事長に選ばれた旧民主党の国会議員の二人で決めることになるのだろうから、まあお飾りになってしまう可能性が高い。

終わりの始まりだな、と思っている。
気の毒だが、先はない。

終わりの始まりは、実は自民党にも見られる。
力づくで安倍総理の無投票再選を実現した、という内情が次々に顕われている。

自然の流れでそうなったのであればいいが、対抗馬を立てて何とか開かれた総裁選挙を実現したいと願っていた人たちの純粋、従僕な思いをよってたかって力づくで封じ込め、動けないようにした、ということであれば、いつかはその咎が現れるはずである。

強権政治が流行り始めたようだが、今の日本では、こういう強権政治は長続きはしない。
たとえ政党というちっぽけな組織の中のことだと言っても、仲間の人たちの言論の自由や政治行動の自由を力づくで制約するようなことには、嫌悪感を覚える人が多いだろう、というのが私の感想である。

あわせて読みたい

「維新の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。