記事

欧州市場サマリー(8日)

[8日 ロイター] - <為替> ドルがまちまち。対円では値を上げる一方、ポンド、ユーロに対しては下落している。来週17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表まで、ドルはこう着状況が続く公算が大きいとみられている。株高や強いドイツ指標を受けて、リスク回避姿勢は後退している。

外為市場:[USD/J]

<ロンドン株式市場> FT100種総合株価指数<.FTSE>が71.58ポイント(1.18%)高の6146.10で取引を終えた。

第2・四半期のユーロ圏の域内総生産(GDP)改定値が予想を上回ったほか、中国政府がさらなる市場刺激策を導入するとの期待が相場を押し上げた。

新興国との取引が多い金融株が特に買われ、資産運用のアバディーン・アセット・マネジメント<ADN.L>は3.0%、金融大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>は2.8%値上がりした。FT350種銀行株指数<.FTNMX8350>は1.71%上昇と、8月下旬以来のプラス幅となった。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 続伸して取引を終えた。朝方発表されたドイツの貿易統計が底堅かったことから、ドイツ株が大きく買われた。中国・上海の株式相場が大幅反発したことも市場心理を好転させた。

ドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は1.61%高の10271.36ポイントとなった。ドイツの7月の輸出と輸入がいずれも過去最高となり、中国経済が低迷する中でも海外・国内の需要が底堅いことを示した。

英損害保険のアムリン<AML.L>は33.0%の急騰。MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>傘下の三井住友海上火災保険が、アムリンを34億7000万ポンド(53億ドル)で買収することが買い材料となった。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> スペイン主導で南欧諸国の国債利回りが低下した。第2・四半期のユーロ圏の域内総生産(GDP)改定値が上方修正されたことで、地合いが改善した。

また中国株の急反発によるリスク選好の高まりが、欧州株やユーロ周辺国の国債にも波及した。

スペイン10年債利回り<ES10YT=TWEB>は9ベーシスポイント(bp)低下の2.06%。イタリア<IT10YT=TWEB>、ポルトガル<PT10YT=TWEB>10年債利回りは5━6bp低下のそれぞれ1.84%、2.52%となった。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。