記事

投資家リターンはファンドリターンを下回る

少し昔の資料ですが、野村総合研究所(NRI)の『日本の資産運用ビジネス2010/2011』に面白いデータがありました。

その1つはファンドリターンvs投資家リターン

追加型株式投信の中で残高が1千億円以上の16分類を対象に、ファンドの時間加重収益率と投資家リターンを表す金額加重収益率とを比較したのが図表11である。これをみると、金額加重収益率が低い分類の方が多い。金額加重収益率が時間加重収益率を年率2%以上上回る分類は日経平均インデックスのみであるのに対し、逆に2%以上低いものは6分類にも及んでいる。
リンク先を見る
※金額加重収益率とは
※時間加重収益率とは

この比較が示すように、投資家が得ているリターンは、ファンドをそのまま保有していると得られるリターンより低くなっているようです。

特にグローバル株式やそれを含むと思われるグローバルバランスの差は激しく、投資家リターンはファンドリターンを年率換算で5%程度下回っています。ファンドが約5%の利益を上げないと元本維持すらできないという厳しい条件です。

人気のグローバル債券においても年率換算で投資家リターンがファンドリターンより2%以上低いということです。ただでさえ信託報酬などでベンチマークよりパフォーマンスが低くなりがちなファンドリターンよりさらに2%以上低い(グローバル株式では約5%)ということでは、儲かるものも儲かりません。

年率換算で2%ということは10年で20%です。ファンドをただ持っていれば得られるリターンより20%以上も低いリターンです。しかもこれでは終わりません。保有し続けるよりリターンが下がるということは投信を売買をするのですから、売買手数料や場合によっては税金までかかります。

こういう情報も、投資信託に投資しようとする人は知っておいた方がいい情報かと思われます。

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。