記事

投信の資金流出入は前月の流入から流出へ

投信から資金流出続く、原発不安でキャッシュニーズ高まる (ロイター)

個人の資産運用ツールに使われている投資信託において、4月に入り資金流出が続いている。震災後に落ち込んだ残高や資金流入も3月末までには震災前の水準に戻ったものの、月が替わると流れは一転し、海外債券型と海外株式型から資金流出が続いている。
野村総合研究所によると、追加型株式投信の4月1日から14日まで10営業日の資金動向は合計で3614億円の流出超となった。中でも同期間の海外債券型からは2279億円が純流出、海外株式型からも1351億円が純流出した。

 その一方で、海外不動産投信型は連日流入超となっており、同期間では763億円の純流入だった。また国内株式型については同16億円の純流出、日経平均インデックス型も同21億円の純流出


東日本大震災があったものの3月は資金流入だった投資信託ですが、4月は14日まででは大幅に資金流入となっているようです。

震災によるキャッシュニーズ増加が理由と推測されています。この理由には一定の説得力はあります。これが正しいとすると、しばらくは資金流出圧力が続くのでしょうか。

また、資金流出ファンドの特徴もおもしろいところです。日本で大震災→日本株から流出ではなく、海外債券や株式からの流出が大きいというところも興味深い。

このブログでも不定期に投信の資金流出入をチェックしていますが、先のエントリーの2011年の投信のテーマと合わせて、今後はどんな投信に資金が集まり、どの投信から資金が流出するのかは注目です。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。