記事

PCの性能向上がCPIを押し下げる

『日経ビジネス』(2011年3月28日号)の「気鋭の論点」から。

2000年から2010年の10年間でCPIは2.6ポイント下がっています。102.2(2000年)→99.6(2010年)。

私はソースに当たっていませんが、日経ビジネスの記事によるとパソコンが2ポイント押し下げているとのことです。つまり、パソコンの下落幅が±0であれば下落幅は0.6ポイントだったとなります。

日経ビジネスの記事にもありますが、この現象はPCの実際の価格が下がっているとことによるのではなく、性能が上がったことが原因です。
パソコンの価格はヘドニック法という方法で計算されており、市販価格は同じでも性能が上がるとCPI計算上の物価指数が下がります。2000年→2010年の10年間で、デスクトップPCが1/25、ノートPCが1/50になっているようです。
テレビなどの電化製品でも同じような性能向上によるCPI低下が起こっています。

価格が上がっていてもそれ以上に性能が向上することで、CPI計算上ではマイナスになることもありえるのです。PCもCPIの計算上では数十分の一になっていますが、消費者がPCを購入する時の金額が数十分の一になっているわけではありません。

CPIは物価変動を示す重要な統計数字ですが、単純に物価変動率とイコールと考えるのではなく、そのクセを理解しておくことが重要になりそうです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。