記事

9月7日(月)ムネオ日記

先週ロシアウラジオストックで経済フォーラムが開かれ、プーチン大統領は極東への投資を呼びかけた。これは日本への一つのメッセージである。

こうした時、日本政府は即、「日本は大いに関心を持ち、企業進出の後押しをしたい」と発信すべきである。黙っていてはプーチン大統領に何も届かない。

ウクライナ問題でもアメリカ・イギリス抜きでプーチン・ポロシエンコ・メルケル・オランド各首脳で停戦合意が出来、今は履行されている。

日本からアメリカ・イギリスに経済制裁はもう止めようと声を出すべきだ。そうすることによりプーチンロシア大統領、ポロシェンコウクライナ大統領、メルケルドイツ首相、オランドフランス大統領の心が動くことになる。

形だけの意味のない、なんの生産性もない経済制裁を日本のリーダーシップで止めることが一番判りやすいことである。

世界一のエネルギー資源大国ロシアと、世界一の応用技術立国日本がしっかり手を握ることにより世界に貢献できるのである。

安倍首相の出番であると思うのだが。

シリアなどからの難民が道路を、鉄路をひたすら歩く姿に、特に女性・子供の姿を見るにつけ胸が、心が痛んだ。

祖国を出て、異国に行かざるを得ない現実に国際政治の厳しさを知る。

ドイツのメルケル首相は「ドイツは強い国だ」と堂々と発信し、難民を受け入れている。

メルケル首相はロシアプーチン大統領とも頻繁に電話連絡をしているとも言われている。

このメルケル首相の政治姿勢、手法を日本も参考にすべきでないか。

あわせて読みたい

「アンゲラ・メルケル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。