記事

9月7日(月)ムネオ日記

先週ロシアウラジオストックで経済フォーラムが開かれ、プーチン大統領は極東への投資を呼びかけた。これは日本への一つのメッセージである。

こうした時、日本政府は即、「日本は大いに関心を持ち、企業進出の後押しをしたい」と発信すべきである。黙っていてはプーチン大統領に何も届かない。

ウクライナ問題でもアメリカ・イギリス抜きでプーチン・ポロシエンコ・メルケル・オランド各首脳で停戦合意が出来、今は履行されている。

日本からアメリカ・イギリスに経済制裁はもう止めようと声を出すべきだ。そうすることによりプーチンロシア大統領、ポロシェンコウクライナ大統領、メルケルドイツ首相、オランドフランス大統領の心が動くことになる。

形だけの意味のない、なんの生産性もない経済制裁を日本のリーダーシップで止めることが一番判りやすいことである。

世界一のエネルギー資源大国ロシアと、世界一の応用技術立国日本がしっかり手を握ることにより世界に貢献できるのである。

安倍首相の出番であると思うのだが。

シリアなどからの難民が道路を、鉄路をひたすら歩く姿に、特に女性・子供の姿を見るにつけ胸が、心が痛んだ。

祖国を出て、異国に行かざるを得ない現実に国際政治の厳しさを知る。

ドイツのメルケル首相は「ドイツは強い国だ」と堂々と発信し、難民を受け入れている。

メルケル首相はロシアプーチン大統領とも頻繁に電話連絡をしているとも言われている。

このメルケル首相の政治姿勢、手法を日本も参考にすべきでないか。

あわせて読みたい

「アンゲラ・メルケル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。