記事

「記者を平等に扱うのは民主国家として当然」 菅官房長官 菅長官はコメディアン?

「記者を平等に扱うのは民主国家として当然」 菅官房長官、本紙記者への取材証不発行で対中批判

http://www.sankei.com/politics/news/150903/plt1509030017-n1.html

北京での「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」の記念行事について、産経新聞の記者に取材証が発行されていないことについて、 菅義偉官房長官は

「記者の扱いは平等に行うことは民主国家として当然だ」

と、批判したそうです。またその上で、「(北京の日本)大使館を通じ平等に扱うべきだと中国側に強く求めている」たそうです。


 もう何って言ってよいやら。大笑いですね。

 菅長官はご自分が日本は民主国家じゃないと公言していることを意識していないのでしょう。重症としかいいようがありません。

 
 
 既に広く知られているように、我が国では「記者クラブ」という談合組織がありまして、基本ここの会員(つまり、テレビ、新聞、ラジオ)などの「報道機関」(笑)だけが、官公庁の記者会見やらに参加することができます。また記者クラブ限定の各種レクチャーや、研修などにも参加できます。
 雑誌記者、フリーランスの人間はこれらに参加できません。

 例外は外務省の発行した記者証をもってFPIJに加盟したジャーナリストが記者会見に参加できます。
 ぼくが防衛省の記者会見に参加できるのも外国のプレスの日本の代表だからです。ところがこの外務省のパスも「これはIDカードじゃありません」と日英語で表記されています。パスを取るために多くの書類を提出し、身分を確認されるのですが、そうして発行された記者証がIDではない。これは記者クラブに配慮したためでしょう。最近はこの外国記者向けのパスの申請はかなり厳しくなっています。

 率直に申し上げて、記者クラブと当局の間には慣れ合いがあります。記者会見では大臣が困る質問は殆どされません。まあ、プロレスのようなものです。
 ぼくは大臣や幕僚長が困る質問をするのが仕事だと思っているので、そのような質問をするとNHKの記者から圧力を受けたりするわけです。ところが外国に行くとぼくのような記者がむしろ普通なんですけども。
 

 これが民主国家なんでしょうかね?
 どの面を下げて中国を批判しているのでしょうか。
 中国はまだましです。一党独裁で、報道規制は確信犯的にやっています。それを自覚しています。
 
 ところが我が国は、菅長官、そしてアレ総理もそうでしょうが、報道の自由を保証していると思い込んでいる。ところがやっていることは中国やジンバブエと同じです。


 この件に関しては外国人記者の団体に問題提起してきたいと思っています。


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
陸自の「機動戦闘車」調達は予算のムダ遣いだ
陸自機甲科の失業対策が主目的?
http://toyokeizai.net/articles/-/82806

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。〜
【防衛省、機銃の調達はMINIMIのみ】〜小銃用弾倉による空砲射撃で“弾詰まり”
http://japan-indepth.jp/?p=21427

あわせて読みたい

「記者クラブ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  3. 3

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  7. 7

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  8. 8

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。