記事

ドル軟調、雇用統計発表も不透明感根強く=NY市場

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 4日のニューヨーク外為市場では、ドルが軟調に推移。注目された8月の米雇用統計は、失業率が5.1%と7年半ぶりの水準まで改善したものの、全般的には9月の米利上げへの決定打を欠く内容と受け止められた。

非農業部門雇用者数は前月比17万3000人増と、市場予想の22万人増を下回った。伸びは5カ月間で最低。一方、6月と7月は当初発表から合わせて4万4000人の上方修正となったほか、8月の時間当たりの賃金は8セント上昇し、1月以来の大幅な増加となった。週労働時間は34.6時間へと増えた。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ニューヨーク)の新興市場グローバル責任者、ウィン・シン氏は「非農業部門雇用者数の数字は若干弱かったが、その他はすべて堅調だった。9月利上げを既成事実と見なしている人はいないが、今回の結果はそれを確実に支援する内容となった」と述べた。

中国動向を起点に金融市場がこれまで全般的に値動きの荒い展開となるなか、9月の米利上げ観測は後退しており、とりわけドル安、円高の流れにつながっている。

ドル指数<.DXY>はこの日0.13%安。ドルは対円<JPY=>で1%安の118.90円。対ユーロ<EUR=>では約0.25%安の1.1150ドル。

ドル/円    終値   118.99/05

始値   118.82/83

前営業日終値   120.05/08

ユーロ/ドル  終値   1.1144/50

始値   1.1177/81

前営業日終値   1.1123/25

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。