記事

【参院安保特】小西議員、元最高裁長官発言踏まえ安保法案の違憲性を指摘

【参院安保特】小西議員、憲法の番人の発言踏まえ安保法案の違憲性を指摘

 参院安保特別委員会で4日午後行われた安保法案の一般質疑で、民主党の2番手として小西洋之議員が質問に立ち、元最高裁長官の発言も踏まえて安保法案の違憲性を指摘した。

 山口繁・元最高裁長官は新聞のインタビューで安保法案をめぐって「集団的自衛権の行使を認める立法は違憲と言わざるを得ない」「憲法9条についての従来の政府解釈は単なる解釈ではなく、規範へと昇格している。集団的自衛権を行使したいのなら、9条を改正するのが筋であり、正攻法だ」と発言し、安倍総理が集団的自衛権を行使できる根拠としている1972年政府見解の強引な読み替えについては「何を言っているのか理解できない。『憲法上許されない』と『許される』。こんなプラスとマイナスが両方成り立てば、憲法解釈とは言えない」と批判。安倍総理が安保法案を合憲と主張する根拠に砂川事件最高裁判決を引用することについても「非常におかしな話だ。砂川事件の判決が集団的自衛権の行使を意識して書かれたとは到底考えられない」「集団的自衛権をわが国が行使するのであれば当然安保条約を変えるべきだ」と発言し大きく報じられたことを小西議員は取り上げた。

安保法案の違憲性について追及する小西議員

安保法案の違憲性について追及する小西議員

 小西議員は、この山口元長官の発言をどう受け止めるか、これは間違いと考えるかをただしたが、中谷防衛大臣は「現役を引退された一私人の発言に政府の立場でコメントするのは控える」としたうえで「繰り返し述べているように、この法案は合憲。すなわちこれまでの政府見解の基本的論理はまったく変わっていない。この基本的論理は政府が述べているだけではなくて、砂川事件の最高裁判決と軌を一にしている」と強弁。菅官房長官も「防衛大臣が答弁した通り」などと語った。

 小西議員は、山口元長官は砂川事件判決が出された後に最高裁長官に就任した人物であり、その人物が安倍内閣の見解を否定した発言は重いと述べ、「私人であるかどうかは関係ないはず。わが国の法の支配を守ってきた、他に並ぶものがない法と憲法の専門家による見解だ」として、論理性のないままにそれを否定する中谷大臣らの発言に疑問を呈した。

 法の番人と称される内閣法制局長官として、憲法の番人である最高裁の元長官の発言をどう思うかと問われた横畠法制局長官も「一々の意見についてコメントはしない」と答弁。これに対して小西議員は、「内閣法制局長官は違憲立法を体を張って阻止する役割を果たすからこそ『法の番人』と称されている。安倍総理、安倍内閣のために存在するのではない」と厳しい口調で横畠長官を批判。「『法的安定性は関係ない』と礒崎総理補佐官は発言しているが、それは内閣全体の意思であることを確認した」と指摘した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。