記事

自衛隊トップと米軍トップで安保法制は決めていた

「報道ステーション」を見て驚愕した。

安倍首相がアメリカの議会で「安保法制を夏までに
成立させる」と公約したから、今の異様で強引な
法案審議があると思っていたが全然違っていた。

去年末の時点で、自衛隊の河野統合幕僚長が訪米し、
米軍幹部
たちと会って、その時点で
「夏までに安保法制は成立する」と
明言していたのだ!

つまりとっくに文民統制は崩れていて、自衛隊トップが
米軍の希望通りに軍事を動かしていただけなのだ。

戦前は軍部の暴走を政府が追認するしかなかったのだが、
現在も自衛隊の暴走を政府が追認しているだけじゃないか!

いや、戦前よりもっと酷い。

自衛隊にも、政府にも、まったく主体性がなくて、
両者ともに米軍に従属するだけになっている。

自衛隊が暴走して米軍に従い、政府が喜んで自衛隊の
暴走を
追認するという、恐るべき属国状態に
なっているのである!

一体、日本の「誇り」はどこにあるのか? 

自衛隊はアフリカのジブチで現在活動しているらしいが、
将来そこを中東への活動拠点にするつもりらしい。

そのジブチのすぐ横のソマリアでPKO活動をしていた
ウガンダ兵が、アルカイダ系過激派組織に襲撃されて、
50人もの兵士が死亡したというニュースも入ってきた。

自衛隊は今後、PKO活動で駆けつけ警護をするのだから、
こりゃあ死者が出るだろう。 

戦前の失敗は憲法に文民統制の歯止めがなかったからと
思っていたものだが、戦後はどうせ憲法なんか
無視するのだから、軍の歯止めなんかシステムでは
作れないということなのだ。

「自国の法など無視する、米軍の望むままにする!」
そう自衛隊トップと、外務省と、政府が決めてしまえば、
国民なんか騙してしまえると思っている。

あきれ果てた国家になったものだ。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。