記事

豪で毛が重すぎて歩行困難なヒツジ保護、40キロは世界新か

[シドニー 3日 ロイター] - 動物保護団体のRSPCAによると、オーストラリアの首都キャンベラ近郊で2日、羊毛が重すぎて歩行困難に陥ったヒツジが保護された。伸びすぎた毛を刈り取ったところ、重さが40.2キログラムあった。未公認ながら、羊毛の世界記録を大幅に塗り替えたとみられる。

「クリス」と名付けられたこのヒツジは、発見されたとき、毛の重みで歩行もままならなかったという。RSPCAキャンベラ支部では、クリスは5年以上毛を伸ばし続け、おそらく人間と接触する機会がなかったとみている。

現在の世界記録はニュージーランドの「ビッグベン」が2014年に樹立した約29キログラム。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  9. 9

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。