記事

天下のグーグル、刷新ロゴはあのビール・ブランドの「パクり」?

Google’s Brand New Logo Takes Twitter By Storm.

グーグル、市場の乱高下を経てもどこ吹く風。4−6月(第2四半期)決算後に開けた窓を埋めた後、再び上昇気流に乗っています。株価が好調な半面、ここのところ巷では検索エンジン最大手らしからぬ決断で興味本位な噂のターゲットに。創設した持ち株会社の名前をアルファベットと発表した当時も、大いに話題を集めましたよね。

9月1日に刷新したロゴにも、世界中から熱い視線が注がれています。

セリフ体(Catull体)のフォントをサンセリフ(ゴシック)体に変更し、携帯端末をはじめあらゆるウィンドウで明確に表示できるように改めました。親しみやすさを込めたというこのロゴ、最後の「e」にご注目。ちょっと跳ねてますよね?

これがツイッター民の間で、大いに物議を醸しているのですよ!

画像を見る
(出所:First Post

笑顔をイメージして「e」のみを傾かせたにも関わらず、OCD=強迫神経症の方々には不安を覚えざるを得ないのだとか。あなたも、心がザワザワしましたか?

もうひとつは、あのロゴとの類似性。

リンク先を見る
(出所:Twitter)

アドウィークいわく、末尾の「e」の跳ね具合はハイネケンからインスピレーションを得たと認めているんですって。本家のビール会社、ツイッターでの返しが大人ですねぇ。

画像を見る
(出所:Heineken NL viaTwitter)

ちなみに、アドウィークに登場したブランド・コンサルティング会社ランドー・アソシエーツのアレン・アダムソン北米会長は、グーグルの新たなロゴに対し「企業カラーを削ぎ、より子供心に立ち返ったようでIT企業らしくもあり、馴染みやすさを与える」と手放しで評価。さらに「静的なアイデンティティというより、そこには躍動がある。視覚と音を結合させる手法だ」と大絶賛の勢いを止めません。

漸く取り下げを決定した東京五輪エンブレムも、せめて「インスピレーション」を受けたデザインを公表していれば良かった?

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。