記事

第2四半期の米労働生産性3.3%上昇、約1年半ぶりの大幅な伸び

[ワシントン 2日 ロイター] - 米労働省が2日発表した第2・四半期の非農業部門の労働生産性(改定値)は年率換算で前期比3.3%上昇と、2013年第4・四半期以来、約1年半ぶりの大幅な伸びとなった。市場予想の2.8%上昇を上回り、速報値の1.3%上昇からも上方修正された。

第1・四半期は1.1%の低下だった。第2・四半期は上昇に転じたものの、前年同期比では0.7%上昇と基調の弱さが続いている。前年同期比も速報値の0.3%上昇から上方修正された。

労働生産性の伸びはインフレをもたらさない経済成長の限界値がどこにあるかを判断する重要な要素となる。第2・四半期の持ち直しで、賃金上昇圧力は今のところ抑えられているが、その基調的な弱さは米国の潜在成長率がエコノミストらの予想である1.5━2.0%に届かない可能性も示す。余剰生産能力が想定より速く縮小していることを示唆しており、物価上昇圧力は予想よりも早く強まるかもしれない。

第2・四半期の単位労働コストは前期比1.4%低下となり、速報値の0.5%上昇から下方修正された。前年同期比は1.7%上昇だった。第1・四半期の前期比は2.6%の上昇だった。

時間当たりの労働報酬は前期比1.8%増。速報値から変わらなかった。前年同期比では2.5%増加した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。