記事

「日本人の9割に英語が必要」 − 英語でサクサク仕事する人は発音が下手

以前のブログにも書いたように、どうも日本人と英語との付き合いは学校教育のせいか少し変な関係になっているようです。その結果、日本では英語に妙な思い入れを持ったり、逆に極端なコンプレックスを持ったりという奇妙なことが起こってしまうのです。

そんな中、成毛眞さんの「日本人の9割に英語はいらない」という本が売れているようです。タイトルだけ見ると何だか誤解を招きそうで心配になります。

タイトルの真意は読んでいないのでわかりませんが、私はむしろ「日本人の9割は英語が必要」と言いたくなります。

確かに、英語を学問として勉強すべき人は日本人の1割も必要ないと思います。しかし、英語を道具として使える人はもっと増えるべきです。

「英語がペラペラ」という表現からわかるように、日本人の英語は発音を過剰に重視してきました。米国人と同じように話せることが、英語学習の目的なっていたように思います。こんな目的はもう必要ありません。英語を母国語としない国々の人たちの演説やインタビューを聞いていると、大切なのは発音ではなく、何を話しているかというコンテンツであることがわかります。

私の周りで、英語でサクサクと仕事している人を見ると、英語の発音が下手な人が多いことに気がつきます。ベタな日本人カタカナ英語で話しているのですが、コミュニケーションにまったく問題はありません。むしろ流暢な英語を話す人よりも意思疎通が円滑にできています。彼らは英語が目的ではなく、英語を手段として使いこなしているのです。英語は発音ではなくロジックなのです。

そのような英語の力はほとんどの日本人に必須だと思います。もし話すことができないとしても、せめて英語で情報を集められる力は、一生海外に行くことが無いという人であっても、日本の超ドメスティックな会社で働いている人でも持っておくべきです。

その理由は逆説的ですが、英語を使えない日本人がまだまだ多いからです。日本人が全員英語を使うようになれば英語はコモディティ化するのでしょうが、それまでは差別化できるツールになります。

街角で外国人に道を聞かれて答えられなくても問題はありませんが、日本で報道されない大切なニュースを英語を使って知る力は磨いておいた方が良い。だから「日本人の9割に英語が必要」と思うのです。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。