記事

アップルを去ったApple Music立ち上げの功労者イアン・ロジャース、ファッション業界大手LVMHのデジタルリードに就任

先日アップルを退職した、Apple Music立ち上げ功労者の一人イアン・ロジャース(Ian Rogers)が、ルイヴィトンやディオール、ジバンシーなどブランドを運営するファッション業界の大手LVMHでチーフ・デジタル・オフィサーに就任することが明らかになりました。

イアン・ロジャースは以前はYahoo!で音楽サービス「Yahoo! Music」のジェネラルマネージャーとして初期のサブスクリプション型サービスの運営を5年に渡ってリードしてきました。その後はアーティスト向けのD2Fサービスをいち早く手がけたスタートアップ「Topspin Media」のCEOに就任、インディーズから有名アーティストが利用するサービスに成長させます。

定額制音楽配信サービスとして立ち上がったばかりだった、Apple Musicのベースになった「Beats Music」は、ロジャースをTopspinから引き抜きます。CEOとして、サービスの開発やマーケティング、資金獲得まで幅広く活動し、買収に伴いアップルに参画。Apple Musicでは、24時間世界中で聴けるラジオ「Beats 1」の立ち上げから番組編成などオンラインラジオ戦略に携わってきた、Apple Musicのキーパーソンの一人でした。

イアン・ロジャースの関連記事はこちらからどうぞ
Apple Music経営陣の1人、イアン・ロジャース、アップルを去る

ロジャースの新たな仕事では、LVMHブランドのデジタルへの移行を指揮すると言われています。

アップルを去った後は、異業種に行くと言われていましたが、デジタル音楽からファッション業界に行くとは、全く予想外でした。

これまで常に音楽サービスの運営に携わってきたロジャースは、アップルで新規サービスの立ち上げに関わるようになり、音楽業界における最重要人物の一人になれる可能性もありました。音楽サービスの経験が豊富なだけでなく、業界トップ企業でチームをリードしてきたロジャースが離れることで、次にどんな人材がApple Musicに関わるのか、気になります。また次の場所でも彼のイノベーションに期待したいです。

ソース
LVMH poached top Apple executive Ian Rogers, proving its finally getting serious about digital(Quartz)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

  5. 5

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  6. 6

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  7. 7

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  8. 8

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  9. 9

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  10. 10

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。