記事

なぜ、英会話学校に行っても英語ができるようにならないのか?

<業務連絡>
出版記念パーティですが、申込が100名を超えてきました。もうすぐ締切ますのでお早めに!
---

7月23日発売予定のAERA Englishの取材を受けました。英語ができる丸の内のエグゼクティブ、といった内容のようですが、実は私は英語は得意ではありません。

留学したのはもう20年前、外資系の金融機関にいたことは2年ほどありますが、それも10年以上前。マネックスに入ってからもう12年。その間、英語を使ったことは数える位しかありません。

語学というのは、使わないと劣化していくものです。最近の英語力は何とも心もとない状態になっています。

そんな私が、英語の雑誌で勉強法を語るのは、とてもおこがましいことなのですが、日本人の英語勉強法について思っていることを取材していただきました。

私は英語が上達する要因で一番大きなものは、モチベーションだと思っています。必要度が高ければ高いほど上達するのです。逆に言えば、いつか役に立つ、とかそのうちに使うから、といった動機で英語の勉強しても効果が低いのではないでしょうか。

来月英語でプレゼンがある、もうすぐ海外赴任で現地スタッフと仕事をする、といった状況に追い込まれれば必死にやるようになります。

そして、もう1つ思うことは、日本人は英語の話す力より、まず読む力をつけた方が良いということです。ビジネスで英語を使わない人にとっては英語でアウトプットする能力よりインプットする能力の方が役に立つからです。

話す力を英会話学校で磨いても、せいぜい使うのはハワイのホテルにチェックインする時くらい、では時間とお金の無駄です。読む力を養って、海外のメディアの情報を英語で直接得られるようにする方がはるかにメリットがあります。

英語は目的ではなく、あくまで手段です。話せるようになっても話す機会がなければ価値はありません。でも読む力があれば、情報収集能力を向上させるという目的が達成できるのです。

最近は遅まきながら、The Economistの購読をはじめたりしていますが、まだ満足できる状態ではありません。インプット能力を地道に磨いていきたいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。