記事

「砂糖は健康リスク?」

先日の衆議院農水委員会。厚生労働省が出したある提言のことが話題になった。

「保健医療2035」と題したその提言は、塩崎厚生労働大臣の私的諮問機関が出したもの。とはいえ、厚生労働省のウェブサイトにも載せられているし、先日はこの内容をテーマにしたシンポジウムも厚労省主催で開催されたらしいのでそれなりの重要性を持っているものであることは間違いない。いまから20年後というかなり先を見越して有識者が意見交換してまとめられたこの提言。「インプット(資源投入)中心からアウトカム(患者にとっての価値)中心へ」、「キュア(治癒)からケアへ」など大胆な提言がされている。

その中にこのような提言があった。

「公費(税財源)の確保については、既存の税に加えて、社会環境における健康の決定因子に着眼し、たばこ、アルコール、砂糖など健康リスクに対する課税、また、環境負荷と社会保障の充実の必要性とを関連づけて環境税を社会保障財源とすることも含め、あらゆる財源確保策を検討していくべきである。」

つまり、たばこ、アルコールと並んで砂糖が健康リスクをもたらすものとして位置づけられていたのだ。

たばこ、アルコールの健康に対する影響についてはすでに一定の知見が得られているということかもしれないが、砂糖について、「そのような健康リスクについて科学的な知見があるのか」と糾された厚生労働省側からは明確な答えがなかった。

諸外国を見てみても、砂糖というよりは高カロリー、高脂肪の食品に課税する動きがある。たとえばハンガリーのポテトチップス税。これは砂糖が悪い、というのではなく、高カロリー、高脂肪を抑制しよう、ということのようで、そのような食品の過剰摂取をやめようという考え方から。

要は食べ過ぎがいけないということだ。米国ナバホ自治区のジャンクフード税も同様の考え方だ。ナバホ自治区という先住民が多く暮らす地域においてもそのことが問題になっているというのがこの問題の根深さを思わせる。ちなみのこのナバホ自治区のジャンクフード税による税収はスイミングプールの建設に充てられえるという。米国ではニューヨークのブルームバーグ市長も、清涼飲料水の規制に取り組んだと思ったら、次は塩の規制に乗り出し、レストランのテーブルの上に塩を置いてはいけない、といったことをやろうとしたこともあった。砂糖に限らず、バランスのとれた栄養を、ということなのだろうが、特大サイズの清涼飲料水の販売禁止については州裁判所で無効の判決が下されるなどなかなか道も険しかったよう。

食べ過ぎ、で思うのだが、週末に地元に帰るとき、日中の時間は買い物ができないので深夜でもオープンしているディスカウント店に行くことがよくある。遅い時間なのにいろんな方が買い物に来られているのだが、コーラを大量買いしておられるお客様をお見かけすることも多い。500mlのコーラが一本48円。箱買いすると一本33円(税抜き)なのだから。それに菓子パンやお菓子など甘いものを合わせて買っておられる姿を見ると甘いもの好きの僕ですら「大丈夫ですか?」と声をかけたくなるくらい。おいしいものでも摂りすぎは身体によくないと思う。

最近WHOのガイドラインが改定されたという。従来、成人の糖類(sugar)摂取量について、1日に摂取する総カロリー量の10%未満が望ましいとされてきたが、これを今回「5%未満」としたらしい。

5%は砂糖換算だと25グラム、ティースプーン6杯分、先ほどのコーラ350mlの缶だと1本で5%を超えてしまうということになる。ちなみに日本人の砂糖摂取量は一日約50グラムだからその半分にせよ、というのはちょっとやりすぎのようにも思う。

ところでどの食品にどういう成分が含まれているのか調べるのに使えるのが食品成分表だがこれまでは糖類に関しての成分表示がなかった。いま策定中の「食品成分表2015」においてはじめて成分表の別冊「炭水化物成分表編」を作り、主要な食品に含まれている炭水化物について個別の糖類の量まで収載するようにしているという。今年の年末くらいには公表される見通しとのこと。上手に使ってうまく健康管理ができるようになるといいなと思う、BMIがいつも「やや肥満」の僕としては。

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。