記事

東京五輪「佐野」エンブレムが使用中止に パートナー企業のほとんどはすでにサイトから撤去済み

佐野研二郎氏がデザインした東京五輪の公式エンブレムについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたと9月1日午後に報じられている。

すでに五輪スポンサーとなるパートナー企業のほとんどが、自社のウェブサイトから公式エンブレムを撤去しており、使用中止の決定も時間の問題と見られていた。

使用中はNTTと三井不動産の2社のみ

NTTは公式エンブレムを使っていた

NTTは公式エンブレムを使っていた

組織委員会のウェブサイトによると、パートナー企業には「ワールドワイドオリンピックパートナー」としてトヨタ自動車やパナソニック、ブリジストンなど12社、「東京2020ゴールドパートナー」としてNTTや三井不動産など13社があがっている。

しかしこのうち、8月31日までに自社のウェブサイトで「佐野」エンブレムを使用していたのは、NTT三井不動産のみ。あとの23社は使用していないか、以前使用していたが撤去したり、別の画像に差し替えたりしている。

パートナー企業が「佐野」エンブレムを使用しないことについて、ネットでは「そもそもPRのための協賛なのでイメージが悪化したらアウト」と当然視されており、元参議院議員の水野誠一氏も、

「一日も早く(組織委が)撤回の決断をしないとえらいことになるだろう!」

とツイッターに投稿していた。

あわせてよみたい:現役を続ける高田純次の「3つの戒め」

関連記事

あわせて読みたい

「佐野研二郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。