記事

東京五輪「佐野」エンブレムが使用中止に パートナー企業のほとんどはすでにサイトから撤去済み

佐野研二郎氏がデザインした東京五輪の公式エンブレムについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたと9月1日午後に報じられている。

すでに五輪スポンサーとなるパートナー企業のほとんどが、自社のウェブサイトから公式エンブレムを撤去しており、使用中止の決定も時間の問題と見られていた。

使用中はNTTと三井不動産の2社のみ

NTTは公式エンブレムを使っていた

NTTは公式エンブレムを使っていた

組織委員会のウェブサイトによると、パートナー企業には「ワールドワイドオリンピックパートナー」としてトヨタ自動車やパナソニック、ブリジストンなど12社、「東京2020ゴールドパートナー」としてNTTや三井不動産など13社があがっている。

しかしこのうち、8月31日までに自社のウェブサイトで「佐野」エンブレムを使用していたのは、NTT三井不動産のみ。あとの23社は使用していないか、以前使用していたが撤去したり、別の画像に差し替えたりしている。

パートナー企業が「佐野」エンブレムを使用しないことについて、ネットでは「そもそもPRのための協賛なのでイメージが悪化したらアウト」と当然視されており、元参議院議員の水野誠一氏も、

「一日も早く(組織委が)撤回の決断をしないとえらいことになるだろう!」

とツイッターに投稿していた。

あわせてよみたい:現役を続ける高田純次の「3つの戒め」

関連記事

あわせて読みたい

「佐野研二郎」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。