記事

中国発のEVメーカー、テンセントなどが支援 米テスラと競合へ

[フランクフルト/デトロイト 31日 ロイター] - 騰訊(テンセント)<0700.HK>や高レイ資本(ヒルハウス・キャピタル)など中国のインターネット企業や投資会社で構成するグループが、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>の新たなライバルとなる企業「NextEV」の育成を支援している。

NextEVの広報担当者は31日、世界的な自動車メーカーを目指し、支援グループが元フォード・モーター<F.N>幹部のマーティン・リーチ氏を採用したと明らかにした。

このほか、テスラやBMW<BMWG.DE>、フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>といった主要自動車メーカーで経験を積んだ専門家も雇い入れたという。

新たなEVメーカーの育成には、自動車分野の経験が乏しい複数の中国ハイテク企業が携わっている。中国政府は最近になって規制を変更し、こうした企業による自動車分野への投資を促している。

EVベンチャーへの投資を発表、もしくは検討している中国ハイテク企業には、アリババ<BABA.N>や小米科技(シャオミ)[XTC.UL]、楽視網<300104.SZ>も含まれている。

テスラの広報担当者は「他社がわれわれの『モデルS』やビジネスモデルをベンチマークとして利用することをうれしく思っている」と述べた。

上海に拠点を置くNextEVは既に欧米にオフィスを設立。同社の広報担当者は「最初に発売するモデルはEVのスーパーカーになる。世界中のあらゆる燃焼(エンジンを搭載した)スーパーカーをアウトパフォームする見込みだ」と話している。

スポーツカーは1000馬力以上で、3秒以内に時速100キロを出せる設計となり、2016年にも販売される見通しだという。その後はファミリーカーも販売する。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    五輪警備の機動隊 ワクチン接種が終わらず、毎日“揚げ物弁当”で不満の声

    SmartFLASH

    07月23日 06:00

  3. 3

    物議を醸す白鵬の「カチ上げ」横綱にふさわしくない行為なのか

    新井克弥

    07月22日 16:26

  4. 4

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  5. 5

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  6. 6

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  7. 7

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  8. 8

    「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

    PRESIDENT Online

    07月22日 11:07

  9. 9

    会社にとって「お荷物な社員」ってどうして発生するの?と思った時に読む話

    城繁幸

    07月22日 15:30

  10. 10

    ドイツでの感染症対策の在り方と日本の違いがあまり理解されない件で

    やまもといちろう

    07月23日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。