記事

アマゾンとソニー − ネット上の情報管理はどうしたら良いのか?

英エコノミストでもこの記事で報じられていますが、アメリカのアマゾンそして日本のソニーのネット上でのトラブルが問題になっています。

アマゾンの場合はホストをしている他社のウェブに問題が発生したという問題ですが、ソニーの場合は、個人情報(名前、住所、パスワード、もしかしたらクレジットカード番号)まで漏えいしている可能性があるということで、大きな問題になりそうです。

これらの事件を見ていて思うことは、いわゆるクラウドコンピューターのリスクです。

私もウェブ上に自分のデータを保存しています。それにGメールやツイッター、Facebookといったサービスでも個人情報を大量に蓄積しています。

世の中に絶対が無い、というのはネットの世界も例外ではありません。だとしたらこのようなリスクとどのように付き合っていったら良いのでしょうか?

情報が漏えいするリスクがあるからと言って、Gメールのサービスをやめることはできません。もしやめたとしても、また別のメールサービスを利用しなければなりませんから、結局はリスクを完全に遮断することはできないのです。

だとすると、対策として考えられるのは、万が一にも漏えいしたら困ることはネットに残さないということしかありません。極秘の情報はネット上で万一漏えいしても被害を最低限に抑えられるようにしておく。

そしてデータが紛失するリスクを回避するには、紙にもプリントアウトしてバックアップを取っておくことも重要です。最悪の場合でも紙から再生することができるからです。

ネット上のデータサービスを使うことは、漏えいのリスクと紛失のリスクの2つのリスクがあることをもっと意識しておくべきだと思います。

世界的な大企業のサービスだからといって完璧ではない、ということを今回の事件は証明してしまいました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。