記事

不見識極まる日本共産党と小沢一郎の連帯〜安倍政権打倒のためには、「悪魔」とも連帯するということか?

 うむ、日本共産党機関紙『しんぶん赤旗』の報道が今アツイのであります。

 31日付け記事の書き出しはこうです。

2015年8月31日(月)

12万人 怒りの包囲

戦争法案ノー 全国1000カ所超

 違憲立法・戦争法案の廃案と安倍政権の退陣を迫る「国会10万人・全国100万人大行動」が30日におこなわれました。北海道から沖縄まで列島津々浦々に戦争法案と安倍政権への怒りのコールがとどろきました。国会大行動を呼びかけた総がかり行動実行委員会が「12万人の参加で成功した。全国1000カ所以上で数十万の人がいっせいに行動に立ち上がった」と紹介すると、「オー」と大歓声がわきあがりました。戦争法案に反対する最大の全国行動になりました。主催者は9月8日からの大宣伝、国会集会、座り込みの連続行動を提起し、「安倍政権を倒すまで必ずやりぬこう」と訴えました。

(後略)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-31/2015083101_01_1.html

 そうですか、国会周辺では「12万人 怒りの包囲」でありますか。

 また野党四党首もそろい踏みであります。

 午後1時45分、国会正門前は、「ウォー」という歓声と拍手とともに、あふれた参加者で歩道も車道も完全に埋め尽くされました。身動きできない人の波です。子どもを抱いたママ、キャリーバッグを引いた若い男性、プラカードを持って初めて国会に来た学生…。「安倍やめろ!」と書いた特大の垂れ幕つき風船もあがりました。国会にむけ老若男女、全世代が心ひとつに「戦争法案いますぐ廃案」「安倍政権は今すぐ退陣」と怒濤(どとう)のコールを響かせました。

 国会正門前に特設されたメーンステージでは、国会論戦と国民の圧倒的運動で参院段階で廃案めざそうと野党4党首がそろいました。

 日本共産党の志位和夫委員長はじめ民主党の岡田克也代表、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎代表がマイクを握り、スピーチしました。ともに手を握りあい、参加者と一緒にコールしました。

 そうですか、日本共産党の志位和夫委員長と他の野党党首、生活の党の小沢一郎代表とも「ともに手を握りあい」ましたですか。

 さて、赤旗のこちらの記事でも、各党首の発言が報じられています。

2015年8月31日(月)

戦争法案廃案・安倍退陣まで

国会正門前 民主・社民・生活の党首訴え

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-31/2015083102_03_1.html

 この赤旗記事によれば小沢氏の発言は「大きな拍手につつまれ」たのことです。

 「私はいままでこういう集会に顔を出したことはほとんどないが」と話し始めた小沢氏。大きな拍手につつまれ、「今回だけはなんとしても、いいかげんでばかげた危険な法律を阻止するために力を合わせなきゃいけない。そして安倍内閣を退陣に追い込む。その思いで、今日みなさんの前に立った。私も各党のみなさんと力を合わせて、最後までたたかいぬく決意だ」と話しました。

 なんだ、この愛のある記事は・・・

 共産党機関紙『しんぶん赤旗』が、よりによってあれほど嫌悪していた小沢一郎を愛(いつ)くしんでいるのであります。

 日本共産党さん、ちょっと待ってよ、という話であります。

 ・・・

 長年ネット上でメディアヲッチャーをしてきた当ブログですが、『しんぶん赤旗』も長らくヲッチしてまいりました。

 五年前のことです。

 政治資金規正法違反の疑いで告発されていた民主党の小沢一郎幹事長(当時)について、検察審査会が11人の全会一致で「起訴相当」と議決しました。

 これを受けて当時(2010年4月28日付け)の主要紙社説は一斉にこの件を取り上げています。

【朝日社説】「起訴相当」―小沢氏はまだ居直るのか

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

【読売社説】小沢氏起訴相当 「公判で真相」求めた審査会

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100428-OYT1T00012.htm

【毎日社説】小沢氏「起訴相当」 全員一致の判断は重い

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100428k0000m070116000c.html

【産経社説】小沢氏「起訴相当」 やはり議員辞職すべきだ

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100428/crm1004280340007-n1.htm

【日経社説】小沢氏に進退を迫る「起訴相当」の重み

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE2E4E6E5E6E4E1E2E0EAE2E6E0E2E3E28297EAE2E2E2;n=96948D819A938D9

 ご存知のとおり当時事実上メディアスクラム状態で小沢一郎氏はマスメディアから大批判を受けていたのであります。

 で、そのなかでも迫力がもっともあった社説は、実は大新聞ではなく日本共産党機関誌「しんぶん赤旗」の社説でした。

【赤旗社説】「起訴相当」 小沢氏の責任は限りなく重い

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-04-28/2010042801_05_1.html

 タイトルからして小沢氏に事実上「無限責任」を課している強烈なモノです。

 社説は、「嫌疑不十分」で起訴されなかっただけで“無実”のようにいいはった小沢一郎民主党幹事長の主張は、やはり通用しなかったとしたうえで、政治家としての責任は明白になったとし、小沢氏の「収支報告書のミス」などの弁明は「国民の信頼を裏切る重大犯罪」だと喝破します。

 秘書らが起訴されたあと、小沢氏は「収支報告書のミス」などとことさら軽い誤りのようにいいましたが、もともと政治資金の公開は、政治活動を国民の「不断の監視と批判の下」に置くためです。それを偽るというのは、国民の信頼を裏切る重大犯罪です。政治家としてあってはならないことなのは明らかです。

 結語が特に迫力満点です、「検察審査会が再度「起訴相当」と議決すれば、小沢氏は強制起訴され」る事実を指摘した上で、「小沢氏の政治的道義的責任は、起訴の如何(いかん)にかかわらず、もはや逃れることはでき」ぬと断罪しています。

起訴の如何に関わりなく

 検察審査会が「起訴相当」と議決し検察が再捜査で起訴しなくても、検察審査会が再度「起訴相当」と議決すれば、小沢氏は強制起訴されます。兵庫県明石市の歩道橋事故やJR福知山線脱線事故では、強制起訴されました。

 検察審査会の議決を受け、検察が徹底した再捜査をおこなうとともに、小沢氏や民主党の対応が問われます。小沢氏の政治的道義的責任は、起訴の如何(いかん)にかかわらず、もはや逃れることはできません。

 政治資金の公開は、政治活動を国民の「不断の監視と批判の下」に置くためであり、それを偽るというのは、国民の信頼を裏切る重大犯罪なのであり政治家としてあってはならないことである、と小沢氏を弾劾しつつ、兵庫県明石市の歩道橋事故やJR福知山線脱線事故と同様と多くの犠牲者を出した悪質な事件と同列に扱い、小沢氏も強制起訴の可能性があると指摘、その上、だがしかし起訴の如何(いかん)にかかわらず、小沢氏の政治的道義的責任は、もはや逃ることはできないと突き放しています。

 わずか5年前に、『しんぶん赤旗』によって、「政治的道義的責任は、起訴の如何(いかん)にかかわらず、もはや逃れることはできません」と、社説にて突き放され喝破された政治家小沢一郎なのであります。

 ・・・

 わずか5年前に「国民の信頼を裏切る重大犯罪」(しんぶん赤旗)を犯した政治家と、日本共産党の志位和夫委員長は、そんなことは忘れたがごとく、仲睦まじく「ともに手を握りあい」(しんぶん赤旗)、「安倍政権への怒りのコール」、「参加者と一緒にコールしました」のだと。

“The enemy of my enemy is my friend.”

「敵の敵は、味方だ」

 安倍政権打倒のためには、かつて徹底批判した「悪魔」とも連帯するということでしょうか。

 政治家小沢一郎に対する公党としてのなんら総括をしてもいないのにです。

 

 不見識極まる話ではあります。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。