記事

スポーツは健康に悪い 女性アスリート2割が疲労骨折を経験

女性アスリート2割が疲労骨折を経験 日産婦調査
2015年8月29日 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASH8Y5V6RH8YULBJ005.html
>大学などで本格的に運動競技に取り組んでいる女性アスリートの約2割が疲労骨折の経
験があることが日本産科婦人科学会(日産婦)の調査でわかった。特に痩せている人は調
査時点で無月経だったり、疲労骨折の経験があったりする傾向がみられた。ともに過度な
トレーニングや栄養不足が原因の可能性があるという。

>疲労骨折の経験は、本格的に運動していない大学生では4・3%だったが、日本代表の
選手は22・6%、全国大会レベルの選手は23・3%だった。時期は4割が16、17
歳のときだった。

>月経異常があるか尋ねたところ、運動していない大学生は2・4%が無月経だったのに
対し、体操・新体操の選手は23・2%、陸上の中長距離、競歩の選手は21・9%だっ
た。無月経が続くと女性ホルモンが減って疲労骨折のリスクが高まると考えられているが、
今回の結果では疲労骨折時に無月経だったのは15%だけだった。一方、体格指数(BM
I)が18・5未満で痩せている選手は、疲労骨折の経験者が約4割、無月経の割合が2
~3割だった。

 前から申しておりますが、スポーツは健康増進に役立つから、国体だのオリンピックだのに公費をつぎ込もうというのはもうやめて欲しいものです。

 人体のスペックを超えた酷使を体に与えるスポーツが体にいいわけがありません。

 そのスポーツの振興に多額の税金を投じるのは健康を害することを促進するようなものです。ただでさえ健康保険はパンク常態でありそれを悪化させようとするようなものです。

 また、少子化が問題だと大騒ぎしながら、生理がなくなるような若い女性を量産しているわけです。色々調べると、過度なスポーツが原因で子供をさずることができかった女性の話などもあります。そのような害があるにもかかわらず、スポーツが健康促進になると宣伝し、公金を浪費するのは、頭がオカシイとしか思えません。
 マラソン選手なんて20代で老婆のような骨をしている人が少なくないといいます。こういう人たちが実際に歳をとったら、どんな体になるのでしょうか。

 頂点を目指しても実際に頂点になれる、それで飯が食えるのは一握りです、多くは「敗者」となります。国が金メダルと取るために子供を作る機能を失ったり、健康を失ったりする女性を大量生産することに何の意義があるでしょうか。

 しかもスポーツは利権の塊です。今回の国立競技場の建設は顕著な例ですが、不要な金を使って土建屋さん、イベント屋、広告やと議員のセンセイ方が甘い汁を吸うための掴み金となっております。これまた国の借金を増やす原因になっております。

 所詮スポーツが健康にいいのは、チンタラややる程度です。マラソン大会に出る、そのために練習をやるよりは、毎日無理せず散歩をしている方がよほど体によろしい。
 あるいはジャンクフードをあまり喰うなとかの啓蒙のほうがよほど有用でしょう。

 オリンピックや国体やるよりも、そこいらの原っぱでゲートボールや太極拳でもやるほうがよほど国民の健康の増進になります。

 また忍耐力や努力、団体戦ならばチームで何かを成し遂げるなど力を涵養する手段、特に教育手段として評価はしています。ですが、それが=健康増進ではないでしょう。体を壊してもまでも楽しいからやりたいというところではないでしょうか。

 無論スポーツをやるなとは申しません。確かにやれば楽しいでしょうし、勝負で勝てば面白いでしょう。それは各自の生き方や嗜好です。敢えて誤解を恐れずにいえば、徹夜で麻雀やったり、深酒するようなものです。スポーツが体にいいというのは徹マンや深酒が体にいいと言うのと同じです。

 公金を使ってオリンピックや国体などのスポーツイベントにつぎ込む金があれば、国の借金を返すべきです。また健康保険にしても過度にスポーツをやる人間には割増を要求すべきです。

 更に申せばオリンピックで国威発揚を図るなど、ナチスや共産国、途上国と同じメンタリティであり論外です。税金使って金メダルの数を増やそうなんて下衆の考えることだと思いますけどねえ。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

次期ヘリに富士重工を選定したのは間違いだ
やはり世界市場の動向を見ていない
http://toyokeizai.net/articles/-/80320

自衛隊は、やはり「隊員の命」を軽視している
戦闘を想定した準備はできていない<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/78310

現行の救急キットでは多くの自衛隊員が死ぬ
戦闘を想定した準備はできていない<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/78336

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  7. 7

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

  10. 10

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。