記事

作家フォーサイス氏はMI6の協力者だった これがスパイ組織の広報戦略だ

スパイ小説の世界的ベストセラー作家、フレデリック・フォーサイス氏(77)が20年以上にわたって英国の諜報機関MI6(秘密情報部)に協力していた――。当のフォーサイス氏が英日曜紙サンデー・タイムズのインタビューに明かしている。

MI6と言えば、人気スパイシリーズ「007」の主人公ジェームズ・ボンドが所属しているとされる、対外情報を担当するスパイ組織だ。

インタビューはフォーサイス氏の自伝「ジ・アウトサイダー」の出版に合わせて行われた。それによると、フリーランスのジャーナリストとして、アフリカ・ナイジェリアの東部州が分離・独立を宣言した「ビアフラ戦争」を取材中の1968年、MI6から初めて接触があった。

そのとき「ロニー」というMI6の機関員は正体を明かさなかった。フォーサイス氏は数日間、計約20時間にわたって、子供たちが餓死している悲惨なビアフラ戦争の実情を伝えた。

70年代には旧ローデシア(現ザンビア、ジンバブエ)で人種差別政策を進めるイアン・スミス政権の動向を探り、80年代には南アフリカのデ・クラーク政権が密かに保有していた核兵器6個をどうするかを情報収集してMI6の機関員に伝えていた。

「ジャッカルの日」を出版した2年後の73年、フォーサイス氏は東ドイツに派遣された。「そこには協力者であるロシア人の大佐がいた。彼はわれわれが必要としている小包を持っていた」。小包を受け取ったフォーサイス氏がバイエルンの国境に近づいたとき、東ドイツの人民警察に呼び止められたが、何とか事なきを得たという。

フォーサイス氏のスパイ小説のスリリングな展開はこうした実体験に基づいていた。インタビューの中で、フォーサイス氏は作品についてMI6のチェックを受けていたことを明かしている。連絡を取り、MI6のチェックを受け、書きすぎた部分があれば、「但し書き」がついたという。

ジェームズ・ボンドも実在するMI6の機関員がモデルになっている。MI6がスパイ小説やスパイ映画を通じて「善なる英国のスパイ」というイメージを作り上げ、英国にとって都合の良いストーリーを世界に広げようとしているのは言うまでもない。

(おわり)

あわせて読みたい

「スパイ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。