記事

米FRBのインフレ目標、中国不安や国際化で達成困難との見方も

[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 28日 ロイター] - 米カンザスシティ地区連銀が今週ワイオミング州ジャクソンホールで開催する経済シンポジウムでは、中国発の市場の混乱や米中経済の方向性の違い、物価動向などが議題にのぼるとみられる。

これまで連邦準備理事会(FRB)は、インフレ率が2%の目標に戻ると「合理的に確信」する時に利上げが適切になるとして、9月にも利上げに踏み切る構えを示唆してきた。

ところが、中国発の市場の混乱を受けて9月の利上げ観測は後退。一部の市場関係者の間では、経済のグローバル化が進んでいるため、世界経済が回復するまで、FRBのインフレ目標達成は難しいのではないかとの見方も浮上している。

HSBC証券の米国担当チーフエコノミスト、ケビン・ローガン氏は「中国の経済成長が景気を押し上げた時代は終わった。では、どこが中国の代わりを務めるのか。代わりはいないというのが答えだ」と述べた。

同氏は「米国の物価上昇がどのような形で可能になるのか、私にはわからない。ドル高が進み、商品価格が下がり、経済成長の見通しはそれほど良くない。米国内では輸入品との競争が激化している。労組の交渉力は低下し、賃上げは進まないだろう」と指摘した。

FRBはこれまで、雇用の改善で賃金が上昇し、物価が押し上げられると主張。原油安などが物価に及ぼす影響は一時的だとの見方を示してきた。

ただ、一部のエコノミストからは疑問の声が出ている。

旧ソ連諸国の市場開放、中国の世界貿易機関(WTO)加盟、自由貿易協定などで、資本やモノの流れの自由化が進んでおり、コストが低下しているという見方だ。

実際、米国の輸入が国内生産に占める割合は、1990年代初めの10%前後から2000年代半ばには15%前後に上昇。インフレ率と輸入物価の連動性が高まっており、同期間の総合インフレ率は石油を除く輸入物価の上昇率とほぼ一致している。

米国では、景気拡大局面でも、グローバル化が賃金・物価を抑制する要因になっていると指摘するエコノミストもいる。

この1年はドル高も消費者物価の上昇を抑える要因となってきた。

世界経済がゼロ金利下でどのような動きを示すのかも未知数だ。

セントルイス地区連銀のマイケル・オウヤング副総裁補は「データを見る限り、今は特異な状態にある。今起きていることを説明できる良いモデルがない。こんな状況は今まで見たことがない」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。