記事

防衛大臣の肩にフケが落ちる理由

中谷防衛大臣は背広の肩にフケが落ちすぎていて、気色悪い。

国会議員はフケが落ちてる者が結構いるような気がするので、毎日、頭を洗うこと。

それとも洗髪してもフケが落ちるほど、ストレスが溜まっているのだろうか?

他国の要請が必要な「存立危機」事態というのは、あり得ない設定だろう。

日本国の「存立危機」事態になれば、他国の要請なんか必要ない。

北朝鮮や中国やロシアが攻めてくれば、個別的自衛権なんて意識もしないで、必死で戦うだけだ。

そりゃあ、日本国内に米軍基地を置いて、思いやり予算まで出してるのだから、米軍も働いてもらわにゃ詐欺だ。

だが米軍に依存してるわけにはいかない。

自国防衛の主導権をとるのは日本国のはずだ。

だが、我が国が切羽詰まった状態「存立危機」にあるのに、他国の要請が必要というのはどういう事態だ?

それは外国における紛争・戦争が我が国の「存立危機」に直結するという事態しかない。

中東から石油が入らなくなった。

もう日本国内に石油がない。「存立危機」だ。

だが中東諸国からの要請がないので、自衛隊は出動できない?

そういうことか?

違うだろう。「米国からの要請」のことだろう。

米国が中東で戦争するぞ、日本に手伝えと要請している。

「米国からの要請」に従わなければ、日本の「存立危機」になるということでしかない。

従米しかない、たったそれだけのことを抽象論で誤魔化すから、肩にフケがいっぱい落ちてしまうのである。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。