記事

本を作るとき、楽しいのは企画を考えること、でももっと楽しいのは?

6年前に最初の本を書かせていただいてから、ずっといつも本を書いています。出版社の方から次々とお話をいただけるのは、本当にありがたいことなのですが、本の制作には様々な段階があります。

まず、企画です。多くの場合は編集者の方からメールで依頼があるのですが、こちらから自分の好きな出版社や編集者の方に持ち込むこともあります。この段階では明確に本のテーマが決まっていないことも多々あります。

例えば「お金に関するわかりやすい本を」とか「投資に関する新しい切り口の本を」といった漠然とした依頼です。そこで、編集者の方にお会いして、具体化していくことになります。今までの本の2番煎じのような本は作りたくないので、オリジナリティのある企画案がまとまらなければ、そこから先には話は進まなくなります。実際、企画のお話を何回かさせていただいたのですが、そのまま立ち消えになってしまうことも多いのです。

最近は取り敢えず何となく書き始める、という執筆スタイルを完全にやめました。効率が悪く結局早く始めても終わりが見えない泥沼になる可能性があるからです。それよりも企画をしっかり作り、章立てや各節の見出しを決めてしまい、目次が完成するくらいのレベルまで構成を考えてから中身を作っていく方が、統一感のある読みやすい本にできます。

そんなわけで、書く時間よりむしろこの構成にかける時間を長くしているのですが、この作業はなかなか楽しいものです。書きたいことが無ければ苦痛になってしまうのですが、自分の伝えたいことをどうやったら一番効果的に伝えることができるのかを、相談しながら考えていると時間を忘れます。

実際に原稿を作成するときは2つの方法があります。自分で書く方法と、自分で話していく方法です。後者は、作成した構成にしたがって、順番に話していく内容を録音してもらい、それを活字にしてもらってから修正していくという方法です。

この方法が良いところは、文章の流れが自然で、口語調を残しながら作成するとカジュアルで読みやすい文章になるということです。修正といっても、ほとんど書き換えになってしまうこともあるのですが、自分で書くことに比べると制作スピードも速く、新書系の本はこの方法を使うようになってきました。

この本文を作るというのは辛いものです。段々と自分の作品の全体像が見えてくるからです。こんな内容で良いのだろうか?この部分はわかりにくいのでは?といった不安が高まり、段々自信を失っていったりします。また締切に追われることも多くなり、日程もプレッシャーになってきます。

校了と言って本の制作作業が完全終了すると、何だかすっきりします。後はもう本がどう評価されるのか、自分ではどうにもならない、と達観できるからです。

書店に本が並んだ後は編集者の方とのやり取りは少なくなりますが、例外は増刷がかかったときです。本の売れ行きが良いから、追加で印刷するという連絡が来た時、これが著者にとってもっともうれしい瞬間です。今までの苦労が報われた、と感じるからです。

今年も前半だけで3冊出版する予定です。何回あのうれしい瞬間が味わえるのかはわかりませんが、新刊が出たらブログでいち早くお知らせいたします。お読みいただければ幸いです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  3. 3

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  4. 4

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  5. 5

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  6. 6

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  7. 7

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

  8. 8

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  9. 9

    「キレるおっさん」に自分もなっているのではないかという恐怖

    内藤忍

    10月15日 09:35

  10. 10

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。