記事

我が国の射幸行政について改めて考える

パチンコの業界団体のひとつであるPCSAが以下のような声明文を発表し、現在、我が国の射幸行政を巡って巻き起こっている「地殻変動」の大きさを改めて感じている次第です。以下、PCSA公式サイトより転載。


PCSA声明
http://www.pcsa.jp/pdf_data/statement/pcsa_statement_20150810.pdf

一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)は遊技業界の現状に関連し、下記のとおり声明いたします。



PCSAは、パチンコを名実とともに国民大衆娯楽としていくために、遊べる遊技機の普及や低貸玉営業の推進をはじめとする諸々の施策を積極的に推進してきました。

ところで、最近、「遊技くぎ」に関連する警察庁保安課長講和や一般社団法人遊技産業健全化推進機構による遊技機性能調査、さらには「新基準」に該当しない遊技機の取扱い等を巡って、業界団体内外において活発な論議が展開されています。6月24日には、全日本遊技事業協同組合連合会が、「新基準」に該当しない遊技機の設置比率を下げていくことを呼びかけました。

しかしながら、業界内外におけるこれらの論議は、一部統計数字の修正はあるものの遊技人口の減少に歯止めがかからない昨今の遊戯業界の現状に対する認識において、あまりに楽観的すぎるものといわざるを得ません。[…]

PCSAは、遊技人口の減少を招来させている最大の要因が、遊技における高い射幸性にあると考えています。PCSAは、これまでんも繰り返し生命等をとおして、高射幸性の遊戯機に依拠した営業からの脱却を訴えてきました。さらに、「遊技くぎ」にかんれんする 警察行政の見解や依存(のめり込み)問題に関連する社会の要請は、パチンコホール企業だけではなく遊技機メーカーを含む業界全体に対し、パチンコ営業の在り方そのものを根本から見直すことを求めていると考えるべきです。


PCSAはパチンコ業界にあって所謂「タカ派」と呼ばれる改革志向の団体であり、必ずしもこれが業界の中核を為している主張であるとは言えませんが、少なくともパチンコ業界自身の中からこのような声が挙がってくること自体が、昨今の射幸行政を巡る大きな変化の現れであるといえましょう。

公営競技、富くじ、パチンコ、そしてカジノ…と、私はこのような人間の射幸心に係る行為とそれに纏わる行政行為を総じて「射幸行政」と呼んでいます。「公営競技は公営競技」「パチンコはパチンコ」「カジノはカジノ」と、これら各産業を単独で語る人は世の中に多いのですが、客に射幸ゲームを提供するサービスとして横に繋がって居る産業。また制度的にも、各産業は「賭博及び富くじに関する罪」を定めた刑法185-187条を頂点としながら、それぞれが相互に影響しあいながら存在しているものであります。

そして、我々がこれら人間の射幸心に係る行為を語るときに大前提としなければならないのが、刑法がこれら行為を原則的に禁じているという事実です。刑法に定められる賭博罪および富くじ罪は、一般的に「善良な風俗に対する罪」と呼ばれるもの。特定の犯罪被害者は存在しないものの、社会秩序や公共の平穏を乱すことに対する犯罪行為とされています。我々が「業」として為しているものは、あくまで特別に例外として許されているものなのであるという自覚を忘れてはならないのだと思います。

一方で、法による賭博およびそれに関連する罪を詳細に見てゆくと少し面白いものが見えてくるのが、法に定められる各罪に対する刑の「重さ」が必ずしも一様ではないということ。例えば、刑法第186条は「賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者」に対する刑を3月以上5年以下の懲役と定めていますが、一方で刑法第187条は「富くじを発売した者」に対する罪を「2年以下の懲役又は150万円以下の罰金」としています。

さらにいえば、パチンコ業は刑法第185条後段の「ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない」とある例外規定を根拠にして存在し、風俗営業法によって規制される業でありますが、風営法はその第49条において無許可営業を行う者に対して「2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」と定めています。これをまとめると以下のようになります。

リンク先を見る

繰り返しになりますが、上記に示された賭博や富くじに関する罪は「善良なる風俗に対する罪」でありますから、それぞれ法によって示される「刑の重さ」を風俗環境に与える影響度の大きさとして捉えるとすると、我が国の法は

公営競技(賭博)>パチンコ(遊技)>宝くじ、toto(富くじ)

という順でその社会に対する影響の度合いを捉えているとも言えるのかもしれません。

(本稿は次エントリに続きます)

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  5. 5

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  6. 6

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  7. 7

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  8. 8

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  9. 9

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  10. 10

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。