記事

中国の生産調整必要、小型車で本格HV投入へ=スズキ社長

[東京 26日 ロイター] - スズキ<7269.T>の鈴木俊宏社長は26日、都内で開いた新型「ソリオ」の発表会で、小型車の「ソリオ」か「スイフト」で本格的なハイブリッド車(HV)の投入を準備していることを明らかにした。また、中国経済が減速する中、中国での生産調整が必要との認識を示した。

同社は同日、簡易ハイブリッドシステムを搭載した小型ワゴン「ソリオ」(排気量1200cc)を発売した。ガソリン1リッター当たりの走行距離は27.8キロと小型ワゴンとしてトップクラスの低燃費を実現した。価格は169万5600―196万7760円。販売目標は月3500台。

同社の小型車の国内年間販売はここ数年8万台前後で推移しており、鈴木社長はソリオとこれに続く新車で10万台の目標を「早期に達成したい」と述べた。

本格的なハイブリッド車(HV)の投入に関しては、ソリオかスイフトで検討していることを明かし、「新技術に対してはいろいろトライしている段階。いろいろ準備している」と話した。具体的な投入時期については「年内に出るのかどうかは乗り越えなければならない課題がある」として明言を避けた。

一方、鈴木社長は、中国経済の先行きについて問われ、「販売実績の倍くらいの(生産)能力を持っているため、調整をしていかないといけない状況に入っているのかなと思う」と述べた。中国政府が打つ政策に関して「静観していきたい」とした上で、「市場の原理に基づいた政策を進めていただきたい」と語った。

スズキの中国での年間生産能力は約46万台で、2015年3月期(14年4月―15年3月)の販売は25万3000台にとどまっている。4―7月は前年同期比31.7%減の5万5858台だった。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  8. 8

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。