記事

東芝事件・監査法人の責任と「職業的懐疑心」

8月25日の朝日新聞朝刊経済面に「東芝不正、監査責任は」という見出しで監査人の責任に関する特集記事が掲載されています(ネットニュースではご覧になれません)。新日本さんだけでなく、トーマツさんのトップの辞任問題にも言及がなされています。なかでもCPAAOB(公認会計士・監査審査会)の千代田邦夫会長のインタビュー記事は興味深いですね(関西版は千代田先生の顔写真入りです)。東芝さんの9月の臨時株主総会が終了しても「監査の問題は残る」そうです。

CPAAOBとしても(新日本さんへの)検査に入る準備をされているそうですが、当局としては(予想どおり)原発事業とPC事業部門への関心が高いようで、「監査法人が職業的な懐疑心をもって監査していたのかが検査の主たる目的になる」とのこと。このあたりは私もJFAEL(会計教育研修機構)のニュースレター(もうすぐ発刊)の原稿にも一番のポイントとして書かせていただいたので、また関係者の方々はお読みいただきたいのですが、要するにいずれの場面も(第三者委員会報告書によると)東芝サイドの証言内容と監査を担当した新日本サイドの証言内容とが食い違っているところです。「東芝の内部統制報告を信頼していた」とか「セル・バイ取引は、実務において慣行化されていれば経済的合理性のある取引として容認できる」といった理由は通らないような気がいたします。

司法による責任追及とは異なり、行政による検査は監査法人にペナルティを課すということよりも、再発防止を目的とした業務改善を促すというものですから、不正リスク対応基準が施行されている現在、監査法人がどのように会社側と対面すれば職業的懐疑心を発揮したことになるのか、具体的な事例に沿って明らかになるのではないでしょうか。非常に注目されるところです。

なお、これは蛇足ですが、CPAAOBの事務局長さんは7月に交代され、現在は監査法人に対して厳しい対応をされる(との噂のある、女性大蔵官僚のあの)方が就任されました。監査法人さんとしては戦々恐々とされているのではないでしょうか(^^;。平成20年の大和都市管財事件大阪高裁判決以来、投資家が情報開示の不正によって被害を受けた事件において金融庁は「不作為の違法」による損害賠償責任(国賠責任)を問われかねない立場なので、監査法人に対して厳しい対応をとるのは当然といえば当然だと思われますが。。。

あわせて読みたい

「監査法人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  2. 2

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  3. 3

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  6. 6

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  7. 7

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  8. 8

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  9. 9

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  10. 10

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。