記事

映画はどのように見られているか?

私は先週に1週間ほど夏休みを取り、映画を見に行ったりしていたんですが、先週の木曜日8月20日にドゥ・ハウスからWEBアンケートに基づいた映画鑑賞に関する調査結果が発表されています。まず、ドゥ・ハウスのサイトから調査サマリを3点引用すると以下の通りです。

調査サマリ
  • 約半数の人が「月に1回以上」映画を観るが、ここ1年間に映画館で観た回数は「1-3回」
  • 自宅で観たい映画は「レンタルビデオ店で借りる」が半数以上
  • 映画館での上映では「3D」より「通常版(2D)」の方が好まれている

まず、グラフは省略しますが、リポートでは映画を見る頻度について問うており、「月1回未満」が39.6%、「月2-3回」が15.7%、「月1回」が13.4%となっています。すなわち、月1回以上映画を観ている人の合計は49.7%と半数近くに上っています。以下、グラフを引用しつつ、簡単に取り上げておきたいと思います。

次に、ここ1年間で映画館に映画を観に行った回数を問うた結果が上のグラフで示されています。1年以内に「映画館に映画を観に行った」と回答した人は65.5%にしかなりません。映画館に行った回数については、「1-3回」が41.6%ともっとも多く、4回以上を集計しても25%に達しません。

ということで、上のグラフは、自宅で映画を観る場合のコンテンツの入手方法の回答結果です。「レンタルビデオ店で借りる」が56.4%ともっとも高くなっています。当然です。かなりパーセンテージは下がりますが、続いて、「DVD・ブルーレイのソフトを購入する」となっており、「ビデオオンデマンド」はまだまだ少数派のように見えます。

最後に、3Dの映画と通常版(2D)では、どちらを観るかについての回答結果が上のグラフの通りです。「必ず」と「どちらかといえば」を足し合わせると、3Dが30%強なのに対して、2Dは50%超となります。私は先週「ジュラシック・ワールド」を見に行って、3Dは刺激が強すぎるおそれがあるので2Dを見たんですが、同じ意向の人が少なくない気がします。ただし、現在の3Dの追加料金がもっと低下すれば、この比率は逆転する可能性があるのかもしれません。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。