記事

京都の「一代果て(いちだいはて)」という言葉をご存じですか?

1/2
以前、京都の有名料亭の若女将さんから聞いた話です。

「関西と東京の社長さんを比べると、東京の社長さんは、来る時は連続して来て下さるけれど、何時の間にかぱったり来なくなる方が多いのです。関西(この場合大阪又は京都)の社長さんは、頻繁には来られませんが、長く来てくれる方が多いのです・・・・」

といった内容でした。

まあ、なんで東京の社長さんは総じて持続して通えないのでしょうか?

想像するに東京の社長は成り上がりの社長が多く、見栄っ張りで、金使いが荒いとか、

一方、関西の方は、お金使いにシビアで、かつ老舗の旦那衆が多いとか、思いつく理由は沢山ありますが、どうも受け継がれている「プリンシパル」が若干異なるように思います。

京都では、

「一代果て(はて)」

なる言葉があるそうです。

これも京都で3代続くある経営者に聞いた言葉です。

つまり、京都では、一代で会社が終わることをあまりよしとしない、というより全く尊敬されなといった風潮が昔からあるようです。

東京ではどうでしょうか?

大企業ではないですが、私の周りの中小企業の会社経営者に何代にも渡って会社を維持していこうと考えている方はあまりいないのではないかと感じます。

東京では

「一代でもそこそこ繁栄すればそれで良し」とする風潮はないでしょうか。

「お前もよく頑張った!」と(笑)

しかし、京都では「一代果て」ということですから大変なことです。

更に先の若女将さん曰く、

「東京の社長さんは、少し儲かったら(背伸びをして)車でも最高級車を買いますが、関西の社長は敢えて3段ぐらい落とした車を買います」



「かつそれを美徳としている」

というのです。

確かに、かつてイタリヤ車やBMWやメルセデスの最高級車に乗っていた社長さんが業界にも沢山いらっしゃいましたが・・・・。

大阪、京都の社長さん達は、儲かって十分にメルセデスに乗れるお金があっても、敢えてクラウンや今ならプリウス等を選ぶということなのでしょう。

まして「美徳」として敢えてこういった選択をするというのは、やはり文化なのでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  6. 6

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。