記事

23人が出馬表明!アメリカ大統領選挙候補者一覧【民主党編】

2016年11月に、第45代アメリカ合衆国大統領を決める選挙が予定されています。現大統領であるオバマ氏は、既に大統領2期目を務めていることから米国憲法により出馬ができないため、次期大統領の座を狙い、2015年8月現在で民主党からは5人、共和党からは18人、計23人もの候補者が出馬を表明しています(他2名が出馬の可能性が取り沙汰されています)。

クリントンやトランプなら聞いたことがあるけれど、アメリカの大統領選って他にも出馬している人がいるの?という疑問にお答えして、今回は2016年米大統領選の候補者についてまとめてみました。

民主党(DEMOCRATIC PARTY)

(1)リンカーン・チェイフィー 前ロードアイランド州知事 (ロードアイランド州)

画像を見るホームページ: www.chafee2016.com
Facebook: www.facebook.com/chafee2016
Twitter: twitter.com/LincolnChafee

【略歴】前ロードアイランド州知事。ロードアイランド州選出で、上院議員当時の所属政党は共和党であったが、現在は民主党に所属。

(2) ヒラリー・クリントン 前国防長官 (ニューヨーク州)

画像を見る ホームページ: www.hillaryclinton.com
Facebook: www.facebook.com/hillaryclinton
Twitter: twitter.com/HillaryClinton

【略歴】第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン氏の妻。
イェール・ロー・スクールに進み、そこでビル・クリントン氏と出会う。

1993年から8年間、アメリカ合衆国のファーストレディーに。アメリカでは初の院卒にして弁護士のファーストレディーとなり、当時アメリカでは「最強のファーストレディー」と評された。
2000年民主党から出馬し当選しニューヨーク州選出の上院議員に。
2008年大統領選に出馬したが、結果的に撤退し、オバマ支持を表明。同年12月にオバマ次期大統領がヒラリーを正式に国務長官に指名。ヒラリーは「合衆国にすべてをささげる」と指名を受け入れ、2013年まで国務長官を務める。
2015年4月、2016年大統領選出馬を正式に表明。

(3) マーチン・オマリー 前メリーランド州知事 (メリーランド州)

画像を見るホームページ: MartinOMalley.com
Facebook: www.facebook.com/MartinOMalley
Twitter: twitter.com/GovernorOMalley

【略歴】ボルティモア市評議会評議員、ボルティモア市長を経てメリーランド州知事に就任。

(4) バーニー・サンダース バーモント州選出上院議員 (バーモント州)

画像を見るホームページ: BernieSanders.com
政府サイト: www.sanders.senate.gov
Facebook: www.facebook.com/bernieSanders
Twitter: twitter.com/SenSanders

【略歴】バーモント州バーリントン市長→下院議員→上院議員

(5) ジム・ウェッブ 前バージニア州選出上院議員 (バージニア州)

画像を見る大統領選用ホームページ: www.webb2016.com
ホームページ: www.jameswebb.com
Facebook: www.facebook.com/IHeardMyCountryCalling
Twitter: twitter.com/JimWebbUSA

【略歴】官職としては、前バージニア州選出上院議員、アメリカ合衆国海軍長官、国防次官補を務める。民間活動としてはエミー賞受賞のジャーナリスト、映画監督、10冊の著書を持つ作家、米国海軍士官学校で教鞭を取り、ハーバード大学政治研究所の研究員を務めた多彩な経歴の持ち主。

以下、出馬の可能性があると言われている他2名

(6) ジョー・バイデン アメリカ合衆国副大統領 (デラウェア州)

画像を見る政府サイト: www.whitehouse.gov/administration/vice-president-biden
Facebook: www.facebook.com/joebiden
Twitter: twitter.com/JoeBiden

【略歴】上院議員として当選回数7回を誇る上院民主党の重鎮。上院議員時代には、司法委員長、外交委員長を歴任。2008年アメリカ合衆国大統領選挙で、第47代副大統領候補に指名される。

(7) ローレンス・レッシグ 法学者

画像を見るホームページ: www.lessig.org
Facebook: www.facebook.com/lessig
Twitter: twitter.com/lessig

【略歴】憲法学とサイバー法学を専門とする法学者。フリーソフトウェアに関する活動やクリエイティブ・コモンズ創設などで知られるハーバード大学法学教授。
レイバー・デー(9月の第1月曜日、2015年は9月7日)までにクラウドファンディングによる選挙資金100万ドル調達することを条件として、次期米国大統領選挙への立候補検討を発表。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  4. 4

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。