記事

イラン核合意の敗者はロシア? - 小泉悠 (財団法人未来工学研究所客員研究員)

2015年7月、国際社会の懸案であったイランの核開発問題に関する歴史的な国際合意が成立し、中東政治の構図が大きく変化する可能性が出てきた。

 この交渉で注目されたのが、イランの後ろ盾と目されてきたロシアの出方である。以下に紹介するバーエフの論考でも触れられているように、ロシアの協力なくしては、合意は不可能であるとも考えられていた。

 では、ロシアは何故、如何なる思惑からイラン核合意を認めたのだろうか。これについては様々な観測が見られるが、バーエフは、これがロシアの対中バランスの弱体化によるものであると見ている。すなわち、ロシアは戦略的な利害からイラン核合意を積極的に成立させたというより、中国に引きずられて認めざるを得なくなったという見方である。その妥当性については後ほどもう一度検討するにせよ、イラン核交渉でほとんど存在感を見せなかった中国と言うファクターに注目している点でバーエフの論考は興味深い。

 なお、バーエフはソ連時代にソ連国防省系の研究所で勤務し、後にノルウェーに帰化した人物で、現在はオスロ平和研究所(PRIO)教授として勤務する傍ら、米国のブルッキングス研究所在外研究員を務めている。

バーエフの論考


 ~翻訳~

「イラン核合意に関するロシアの支援と中国ファクター」
ブルッキングス研究所、2015年7月21日
パーヴェル・バーエフ

 (前略)

 イラン核合意をまとめるために、米国はロシアの支援を必要としていた。「もしロシアが我々と共同歩調を取る意図がなければ、合意に達することはできないだろう」とバラク・オバマ米大統領が述べたとおりだ。しかし、米露関係が冷戦後最悪の状態にある中でロシアが支援に廻ったことは、ある種の驚きだった。当のオバマ大統領にとってさえ、である。常日頃から反米的なロシアのメディアでさえ、オバマの個人的な手柄だと言い立てるイラン核合意を、ロシアが支援するつもりになったのはどういうわけだろうか?

 往々にしてそうだが、その答えは到底簡単なものではあり得ず、結局はウラジミール・プーチン露大統領の腹一つというところがある。イランとの交渉プロセスに対するロシアの支援は一筋縄なものではなく、幾つかの複雑な動機がより合わさったものであった。ごく狭いロシア側の立場のみに立つならば、この合意は、エネルギー価格の下落がロシア経済を脅かす中、新たな石油とガスの安定的供給源を作り出す恐れを秘めている。この点を踏まえるならば、決定的であったのは中国ファクターであったと思われる。中国は独自の理由でこの合意を欲したのであり、ウラジミール・プーチンにはもはやそれに逆らえる立場にはなかったのだ。

これまでの経緯

 セルゲイ・イワノフ外相(当時)は、ロシア抜きでイランとの取引などあり得ないと公言していた。だが、彼がウィーンやローザンヌやジュネーブの交渉会場に足を運んだことで、何か一つでも妥協が引き出せたというたしかな証拠はない。むしろ、モスクワは、交渉の機微な場面でP5+1(米英仏中露+ドイツ)の立場を混乱させようと(台無しとまでは言わないにせよ)してきたのではないかと思われるフシがある。

 2014年11月半ば、ロシアはイランのブシェール原子力発電所に新たに2基の原子炉を建設する大型契約を結んだと発表した。さらに原子炉6基のオプション契約も結ばれた。だが、2014年11月24日のウィーンでの交渉期限は何事も無く過ぎた。

 2015年4月半ば、ロシアは2010年に決定されたS-300防空システムの対イラン供与に関する単独禁輸措置の解除を表明した。この動きは、P5+1とイランの間で締結された4月2日の事前枠組み合意を覆すには遅すぎた。だが、これによってイランは、包括的合同行動計画(JCPOA)に関するウィーン交渉の開始にあたり、より強く立場を主張する動機を得た。

 2015年6月初頭、ロシアは、長らく交渉が進められてきたイランとの原油スワップ協定が1週間以内に合意に進むであろうと発表した。6月30日を期限とするウィーン交渉はまたも大過なく終わった。

 このように、ロシアには交渉を妨害してやろうという意図があり、しかも米露関係は日に日に悪化していた。こうした中でオバマ政権にとっての重要課題となったのが、イランとの合意をモスクワにおとなしく受け入れさせなければならない、ということだった。

 米軍の高官達の中にもロシアを「今そこにある危機」と位置づける者が出るような状況下で、ホワイトハウスは対外的メッセージに含みを持たせようと試みるようになった。プーチンには協力範囲を「切り分け」て保持する用意があると強調したのである。

 (中略)

 イラン問題に関するロシアの最大の懸念は、その透明性が不十分なことではなく、エネルギー価格に対する影響である。テヘランは原油輸出を倍増させる計画をかねてから口にしており、これがグローバルな供給過剰を加速させることは確実だ。ロシアの石油及びガス独占企業であるロスネフチとガスプロムは、イランのエネルギー部門がビジネスの世界に開かれたところで何の恩恵も得られない。西側メジャーの方が競争力と技術的優位を持っているためだ。原子力エネルギー産業においてさえ、イランはロシアのみとの協力よりも多角化に関心を持つであろう。また、ロシアは先進的兵器の供給を急速に増加させることは不可能であろう。ロシアのロビイングにも関わらず、武器禁輸は数年間にわたって続くことになっているためだ。

チャイナ・シンドローム

 結局、ロシアは交渉の最終段階において不毛な立ち回りを諦めた。付言しておくと、これはモスクワが実際的な見返りを得ようとしてのことであった。

 しかし、そんな見返りがどこから来るというのであろうか。モスクワは、イラン核合意において自分たちが敗北したことは理解しているが、主要な勝者が中国である以上、何もしようがないのである。北京はイランの石油ガス計画に多大の投資を行う用意があり、その価格が下落するならば、エネルギーに依存した中国経済には願ってもないことである。

 中国が合意締結を望んだことが、ロシアがウィーン交渉を妨害したいという欲望を抑制したことのおそらく主要な理由である。西側から孤立する中で、ロシアは資金供与と市場に関する中国の後ろ盾に実質的に依存するようになっている。このことを自覚しているからこそ、北京はますます選択肢の少なくなっているロシアとの交渉において強硬な立場に出ているのだ。イランに関するロシアの協力的な振る舞いに対して、見返りとして気前よく借款や投資が与えられる見込みは少ない。ロシアが外交的に弱体化する中で、オバマとケリーはロシアに対して見返りを与える心配をしなくてもよくなっているのである。

 (翻訳終わり)

「変化する「橋頭堡」としてのイラン」

 以前からロシア内外の識者達が指摘してきたように、イランはシリア問題をはじめとする中東政治において、ロシアの対外戦略の橋頭堡であり、イランが主力産品である原油の禁輸を受けて苦しむ中でもロシアは陰に日にイランを支援してきた。また、イランは南カフカスにおけるロシアの重要同盟国であるアルメニアの通商やエネルギー供給を支え、在アルメニア・ロシア軍への兵站を維持する上でも欠かせない存在である。

 その一方、厖大なエネルギー資源と7800万人もの人口を有するイランは巨大な潜在力を有している。そのイランが国際社会への復帰を果たした暁には、もはやロシアに依存しない強力な地域大国となることをロシアは恐れてきた。

 また、イラン核合意の成立がエネルギー価格の下落を招くであろうとの予測はバーエフに限らず広く言われてきたことであり、これは落ち着きかけていた原油価格とルーブルが、イラン核合意後、一気に下落したことからも裏付けられる。

さらに長期的には、イランが国際社会に復帰した場合、イラン自身のエネルギー資源に加えてカスピ海のエネルギー資源をロシアの勢力圏をバイパスして輸出するルートが出現する可能性は1990年代から指摘されてきた通りである。

 結局、ロシアにとっての国益は「弱く孤立したイラン」であり、そのためにはシリア情勢とイラン核開発問題を巡って中東が混乱し続けていることが必須であった。

 にも関わらず、ロシアがイラン核合意の成立を最終的に認めたのは、その成立を妨害する能力がロシアに乏しいだけでなく、中国に対してロシアが譲歩を迫られた結果である、というのがバーエフの見方である。

 これについてバーエフは有力な物証を示している訳ではないが、昨年の中露合同演習でロシアが初めて東シナ海での演習実施を認めたこと(ロシアは以前から日中の領土問題に深入りすることを避けるため、係争海域での演習実施には消極であった)や、今年5月の対独戦勝記念式典で中国の習主席を主賓扱いとした上、プーチン大統領がドイツのファシズムと日本軍国主義を同列に扱う演説を行ったこと、さらには今年9月に北京で開催される対日戦勝記念式典への出席を決めたこと(これらは歴史問題でもロシアが中国よりの立場に立ったことを意味する)からも、ロシアの対中譲歩は明らかである。さらにこの際、ロシアは自国が中心となって進めているユーラシア同盟プロジェクトを中国の新シルクロード構想と連携させることで中国と合意し、中央アジアの勢力圏における中国のプレゼンスを認めた。

 問題は、このような状況をロシアが全面的に認めることはないだろう、という点である。ロシアが中国への依存を強めていることは明らかだが、単に中国のジュニアパートナーとなることをロシアが認めることは考えがたい。

 そこで注目されるのが、ロシアとサウジアラビアの接近である。両国はシリアのアサド政権への支援を巡ってながらく対立してきたが、以前の本稿(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5079)でも取り上げたように、今年の春以降に急速な接近を遂げている。依然としてアサド政権の扱いを巡る両国の溝は埋まっていないが、イランの台頭が安全保障上の懸念であるという点では一致しており、(ロシア・サウジアラビアにとっての)イラン問題が両国のさらなる接近を促す可能性が注目されよう。

 また、ロシアは昨年以降、イラクへの対IS作戦用兵器の供与など、やはり目立ったイラク接近の動きを示している。これについても、イラクにおけるイランのプレゼンス増大を念頭に置いている可能性があり、この意味でもロシアの対中東戦略は要注目である。

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。