記事

自分史「親の雑誌」の着眼点に学ぶ、フリーランスは受注仕事だけでなく自分で仕事を生み出す意識を

テレビで紹介されていた「親の雑誌」。

年配の方の人生をインタビューして、雑誌風に仕上げてくれるというものだ。

着眼点が素晴らしい!今までも人生をまとめる自分史ニーズというのはあり、主に自費出版会社に数百万円払って、100冊ぐらいの本にしてもらうサービスはいくらでもあった。

しかし雑誌にするとはよく考えたなと感心した。16ページなので本ほど作るのは大変じゃないし、コストも抑えられる。書くのは自分じゃなく、代わりに話を聞いて書いてくれる。雑誌風ならカラー写真とかも生かせて、文字だらけの一冊の本より、気軽に読める。すごくニーズがあるはず!これ、フリーの編集者とかライターとか、カメラマンとかデザイナーとか、同じようなサービスやったら十分仕事になるんじゃねと思った。

このサービスを見て真っ先に思いついたのが、今年6月のかさこ塾に来ていた鯰美紀さん。なんたって彼女の肩書きは、「家族の思い出記録」ライターだ。

これまで普通のライター仕事が多かったが、家族の話を聞き、それを文章にして、家族に思いを伝えるサービスをしたいと言っていたので、これはまさしく彼女がしたいことじゃないか!と思って、彼女に「親の雑誌」ってのがあるよっていうのを、メッセージで伝えた。「これ、鯰さんが同じようなサービスやったら、すごくニーズもあるし、仕事になるんじゃないか」と。

そしたら彼女がこんなコメントを書いてくれた。
今までの私(ビフォーかさこ塾)なら、この会社に連絡して、「興味あるので、ライターとして採用してもらえませんか」って聞いていたと思います。雑誌作るなんて、絶対無理!と思っていましたから。でも、かさこ塾生の多才さを拝見していると、「塾生の協力があれば、不可能ではないかも」と思ってしまいます。
いやー、よくわかる。この気持ち。ライターとかカメラマンとかデザイナーって、基本、受注仕事。制作会社なり出版社なり広告代理店から、「こういう仕事があるからこういうものを書いてほしい」と依頼されて仕事をするというスタイルに慣れている。だから「そんなにニーズがあるなら、自分でそのサービスをやってしまおう!」という発想ではなく、「この会社に営業して、下請けとして使ってもらおう!」という発想になってしまいがち。いやそれはそれで決して悪いことではない。自分がやりたい仕事をするために、やりたい仕事をしている会社に営業をして、その仕事ができれば、好きを仕事にできる。

ただここで発想を転換すればいい。この会社から仕事をもらうではなく、自分でこのサービスをやれば、発注主に縛られることなく、好きなことを仕事にできるのではないかと。

もちろん自分でやるには、面倒やリスクを抱え込まなくてはならない。客を見つけるためのルート開拓。代金をとりっぱぐれないようにすること。印刷会社やデザイナーの手配など。

だからあくまで一ライターとして、下請けで仕事をするのも悪くないけど、自分でやっちゃうという選択肢もあるよね、という発想ができるようになると、ぐーんと自分の可能性が広がるわけだ。

私もフリーランスになってほとんどの仕事が受注、請負仕事。3年目になって楽しい仕事を選べるようになり、受注だろうが請負だろうが下請けだろうが、仕事はめちゃめちゃ楽しい。

でもせっかくフリーランスになったのだから、単に受注仕事だけでなく、自分から仕掛けて好きなことを仕事にしたいという思いもあり、また、受注仕事だけだと、担当者が変わったり、雑誌廃刊になったり、クライアントの予算がしぶくなったりすると、あっという間に仕事がなくなってしまうリスクが付きまとう。

実際に一部のフリーのクリエイターは、特定の雑誌とか特定のクライアントに過度に依存していて、その雑誌がなくなったら、いきなり収入ゼロになり、仕事獲得に苦しんでいるフリーランスを時々見かける。

でも雑誌がなくなってしまったら、もはや自分がいくら努力してもどうしようもない。だから思うのだ。フリーランスは受注仕事だけでなく、自分で生み出せる仕事も持っておくといいと。

仕事を生み出すのって着眼点なんだと思う。自分史サービスはいくらでもあったけど、本だったからハードルが高かったのが、16ページの雑誌になったら、なんか新しいよねみたいな。

私の周りにはフリーのカメラマンや、カメラマン志望の知り合いが結構多い。しかし近年、カメラマンの仕事の減り具合は半端ない。なぜならデジタルカメラの登場で、もはや技術職ではなくなりつつあるからだ。特殊な撮影なら別だが、今までならプロに頼まなければ、撮れなかった写真が、誰もがスマホで簡単に撮れてしまう。スマホでなくてもデジタル一眼の性能がいいので、私のようにライターなのに撮影もできる人も増えてきている。

そういう状況の中で、カメラマンは、仕事は減る、報酬も安くなる中、今まで通り「なんかいい仕事ないか」と、営業しまくったところで限界がある。

ならば、自分で仕事を生み出せばいい。例えば、「親の雑誌」のようなサービスをライターと組んで、撮影仕事を獲得するとか、あとカメラマン志望の人に私が必ずアドバイスしているのは、遺影ビジネス。亡くなった時にお葬式に飾られる写真だが、意外といい写真がなくて困るということが多い。

プロが撮影する遺影写真はもうすでにやっている人も多いが、右肩下がりの出版社に営業して、単価叩かれ安い仕事するなら、まだまだ遺影写真の方がニーズがありそう。

とはいえ顧客獲得をどうするかが問題になるので、例えば、編集者やライターと組んで、自分史雑誌づくりの切り口で攻めて、「そうだ、遺影写真も撮りますか」みたいなアプローチもできるかもしれない。実際にそうしたサービスをしている人も知っている。

あとカメラマンにアドバイスしているのは、撮影仕事は減っても、1億総カメラマン時代なのだから、写真をうまくなりたいという人はいっぱいいるわけで、撮影仕事だけでなく、撮影を教える仕事をしたらどうかと。そうやって自分の持てるスキルをどう活かせるか、ただ受注仕事ありきの発想から脱却した方がよい。

かさこ塾生にフリーのライターの宮野真有さんという方がいるのだが、ライター仕事だけでなく、ブログを書いている一般の方に、文章アドバイスをする仕事も始めて、とてもニーズがあって好調のよう。

書くだけでなく、書くことを教える。今まで仕事先といえば出版社や制作会社だったが、持てる技術を活かせば、それ以外にも顧客になるのではないかと、発想の転換をすれば、自分の好きなことを武器に、仕事にしていける可能性は高い。

フリーランスのクリエイターが、社蓄ならぬ家畜となってしまい、独立したのはいいけれど、安くて注文が多く、そんなに楽しくなく、かつ不安定な請負仕事だけに追われて、奴隷のように土日も深夜もなく働くのでは、何のために独立し、何のために働いているのかわからない。若いうちは無理できるから、そのうち体を壊して、仕事ができなくなり、仕事を一瞬にして失うというオチが待っているだけ。

ならば社会にアンテナはって、ニーズがありそうなものは、自分でビジネスにして自分仕事を作り出す発想が必要だと思う。

そして個人一人でできないのなら、他のフリーのクリエイターと組んでやればいい。そうやって好きなこと、興味があることを、自分仕事として広げていけば、フリーになったけど、仕事に追われるだけでつまらない、ということにはならないんじゃないか。もしくは新しい仕事の可能性を探るのなら、今まで付き合いのなかった異業種とコラボした方が、仕事の可能性がぐんと広がる。「親の雑誌」のようなサービスで例えるなら、介護施設で働いている人とかとコラボできるかもしれない。

ただフリーのクリエイターって今までの牧歌的な時代を引きずり、極めて狭い業界の中での分業専門職になっていたため、なかなか発想の転換もしにくいし、異業種の知り合いがいない。

そういう意味で、「家族の思い出記録」ライターの鯰さんが言うように、かさこ塾生にはカメラマンもいれば、デザイナーもいれば、介護施設に働いている人もいれば、エンディングノート作成アドバイスしている人もいて、バラエティに富んだ人たちが集まっているので、自分一人じゃなくても協力して進めることができるかもしれない。

あとは何と言ってもブログ。請負仕事じゃなく自分仕事をしようと思った時に、継続的にネットで情報発信していれば、そこで「こんな仕事も始めました!」と告知できるし、そこから集客につながる可能性もあるし、協力者も募ることができる。

請負仕事でなく自分仕事をしようと思った時に、自分のブランド力・個人力が試されるわけで、どの程度の力があるのかって、継続的にネットで発信しているかどうかにかかっている。そこで安心感を持ってもらったり、興味を持ってもらえるかどうか。新しい仕事始めた時にあわててブログで情報発信しても遅いから。だってそれって営業くさいでしょ。それに新規で始めてすぐにアクセス数が集まるわけじゃないし。

だから普段からフリーのクリエイターは、自分がどんなキャラでどんなことが強みなのかを、日々情報発信しておく必要がある。ぜひフリーランスの方は、請負仕事だけしていればいいというスタンスではなく、自分で仕事を生み出すという発想の転換を持つと、社蓄ならぬ家畜にならず、好きなことでお金を稼げるようになるんじゃないかと思う。

あわせて読みたい

「フリーランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。