記事

安倍談話への米中の反応で立ち位置が難しくなった韓国

安倍談話そのものはよく練られた内容で、いろいろと不満を感じた人もあったにせよ、共同通信世論調査で、首相談話を「評価する」との回答が44.2%、「評価しない」は37.0%ということになり、内閣支持率も若干とはいいえ回復しました。強いて言えば、模範作文すぎて心に響く言葉がなかったということでしょうか。しかし、気になるのは国内よりも、海外の反応でした。
まずは米国ですが、反応が良すぎます。やはりこの談話は日米合作、あるいは事前に米国から承諾済みだったという印象は拭えません。そして中国からは当然批判はあったものの、そう強いものではありませんでした。
人民網の批判も、総理の直接の言葉で「反省」と「お詫び」の意を表明することを避けたり、歴史に関しても第三者的な口調に留まっているとした程度で、また中国外交部のコメントも、平たくいえば、歴史を正視し、反省の気持ちを忘れずに大人しくしておけよという程度でした。
歴史問題は中日関係の政治的基礎と中国国民の感情に関わる問題であり、中国側は「歴史を鑑とし、未来に向かう」ことを一貫して主張してきた。歴史を正視し てこそ、未来は開かれる。中国側は、日本側が中日国交正常化以来、歴史問題において中国側に対し表明してきた態度と約束を確実に守り、侵略の歴史を正視 し、深く反省し、平和発展の道を堅持し、実際の行動でアジア隣国と国際社会の信用を得ていくよう促す。
外交部が安倍談話についてコメント 「日本は戦争責任を明確に表明すべき」--人民網日本語版

こういった流れのなかで立ち位置が難しくなったのが韓国ではないでしょうか。この談話に先立って、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)首脳会議で、約5カ月ぶりに日中首脳会談が実現し、日中が歩み寄る姿勢を見せたことで、“韓国の孤立化”が懸念されてきているからです。

安倍談話は第二次大戦には触れたものの、それ以前の韓国併合など、韓国が問題視する韓国の植民地支配にも、また慰安婦問題にも直接的には触れず、「コリア・パッシング(韓国無視)」そのものでしたが、朴槿恵大統領も、光復節演説の中で「残念な部分が少なくない」と短く言及しただけで終わっています。

日米同盟が強化の方向で、米国が対中国戦略で日本に相応の負担をさせる流れがあり、韓国にも、米国か、中国かの難しい選択が迫られていることも、談話批判の切れ味を失わせています。しかも、中国が実質沈黙したに等しいなかで下手に拳を振り上げるとさらに韓国が孤立する危険も感じているのでしょう。

朝鮮日報のコラムは、かつては歴史問題というハンディを背負った日本が韓国に譲歩してきたけれど、安倍談話は、「謝罪」に区切りをつけ、「普通の外交」に日本が転換する宣言だとし、しかも米国もその立場で、韓国がこれまでの対日強硬路線のままではやっていけないとしています。
朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は就任以降、日本に対して強攻策を取り続けてきた。自身の原則に従って相手を追い込み、連戦連勝してきた国内政治の必勝公式 を韓日の外交にもそのまま当てはめた。政治の舞台では、国民という審判が「原則と所信を持った政治家」の味方をしてくれたりもした。だが、国際関係には審 判がいない。国益に有利な方向に相手を動かすため、各国が力対力で相対する実力対決が通じるだけだ。
 安倍首相は最初から、韓国に謝罪する考えはなかった。そして韓国は、安倍首相に望まないことをさせる手段を持たなかった。以前なら韓国の味方をしてくれたであろう米国も、韓国の歴史問題に対する執着にうんざりしている。朴大統領の原則は、外交舞台では全く通じなかった。
【コラム】「ハンデなし」の対日外交、韓国は準備できているのか

中央日報のコラムも、米国は談話内容を支持する立場であり、謝罪要求はもはや通じなくなり、本当の立場の知恵が求められてきているとしており、朝鮮日報のコラムと内容は近いものでした。
予想通り、米国政府は両手を挙げて歓迎した。ホワイトハウスは国家安保会議(NSC)報道 官の声明を通じて「安倍談話を歓迎し、戦後日本が『すべての国家の模範』になっている」と賞賛した。中央日報がワシントンのシンクタンクと学界専門家たち を対象に実施した緊急アンケート調査では、回答者の63%が安倍談話を肯定的に評価した。日本国内の世論でさえ肯定(44%)と否定(37%)で評価が交 錯するのに比較すれば、非常に高い評価だ。
 光復(解放)70年を迎えた韓国に「偉大な旅程」を祝う歓声や合唱はあったが、どこからも懲ビ(先の過ちを戒めて後難を警戒する)の声は聞こえなかった。懲ビを通した自強こそ、安倍談話に対する私たちの最も強力な対応だ。だが大統領の光復70年の祝辞にも懲ビと自強の叫びはな かった。声ばかり張り上げるとなるのは、もちろん違う。賢くならなければならず、道徳と品格で尊敬を受けなければならない。果たして私たちは賢いのか。安倍首相を恥ずかしくさせるほどの徳性があるのか。まだまだだ。
【コラム】謝罪要求は、もうそれぐらいにして=韓国(1)  中央日報

オバマ米政権が「 朴槿恵 (パク・クネ) 大統領が出席すれば、米韓同盟に中国がくさびを打ち込んだとの誤ったメッセージになる」と懸念を伝達した「抗日戦争勝利記念日」に朴槿恵大統領は出席を決めたようですが、朴槿恵大統領は、経済だけでなく外交でも難しい課題を抱えることになります。いずれもが難しい課題であり、はたして2つの課題を乗り切るだけの力があるのでしょうか。
米、韓国に不参加要請 中国の抗日記念行事 「同盟にくさび」懸念 : 47トピックス - 47NEWS

日本としては、足元が定まらない韓国とは距離を起き、対中国政策、対アセアン政策にエネルギーを注いだほうが賢明という感じになってきたのではないでしょうか。韓国の世論では、安倍談話を「評価しない」が79%にも達しているとはいえ、日韓の「首脳会談必要」が54%をも占めているので、機が熟すのをまっても遅くはないように感じます。
70年談話「評価しない」韓国で79% 「首脳会談必要」は54%:東京新聞

あわせて読みたい

「安倍談話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。