記事

『規制仕分け』で問われる民主党の存在価値

1/2
リンク先を見る これまで政府の行政刷新会議は3度(予算編成・独立行政法人事業・特別会計制度)に渡る『事業仕分け』を行ってきた。民主党が行ってきた事業仕分けについては評価している識者も一部にはいるが、大方の識者は「やらないよりやった方がまし」という程度の冷めた感想を抱くに留まっている。

 その民主党が今度は『規制仕分け』を実施すると発表している。規制仕分けの対象となるのは「環境」「医療」「農林・地域活性化」の3つの分野であるらしいが、最も注目を集めているのは一昨年大きな話題となった『薬のインターネット販売に関する規制』が含まれていることである。

 この規制については、私もネット上で反対署名に参加し、当ブログでも批判記事を書いた。ネット販売大手の楽天やケンコーコムも参加し、多くの反対署名が集まったものの、結果的には、医薬品のネット販売規制は実施された。
 
【関連記事】
『厚生労働省』vs『楽天』の意味するところ
医薬品販売における『所得の移転』問題
『消費者いじめ』の薬事法暫定措置



 では今回、規制仕分けを行うと発表している民主党は当時、この規制に反対していたのか?というと、実は反対はしておらず、どちらかと言えば賛成の立場だった。

 そんな民主党が今回、『薬のインターネット販売に関する規制』に反対の立場を取っているわけだから、注目されないわけがない。

 もし民主党の規制仕分けによって、この薬事法規制が撤廃されるようなことがあれば、おそらく民主党の支持率も少しは回復するのではないかと思う。しかし、そこまでの成果を上げることができるかは疑問の域を出ない。

 以前にも述べたことがあるが、『規制』とは『信号機』と同じようなものである。

 私の家の近所でも交通事故が絶えない危険な交差点があったが、最近、その交差点に信号機が設置された。あなたの自宅の近所にも「ここは交通事故が多いので信号機を設置した方がよい」と思うような交差点があると思う。そういった誰もが危険だと思っている交差点に信号機が新たに設置されることは正しい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。