記事

猛毒注意のわしの作品

今朝の朝日新聞に、わしの『戦争論』の話題が出ている。

これは「平和」という観念の社会的受容の変化を分析するために扱っているので、悪意のある記事ではない。 

今でも極左運動家は『戦争論』が社会を右傾化させた原因として悪意ある風評を撒き散らすが、『戦争論』の中では、「悪魔」という漢字に(アメリカ)とルビをうってまでアメリカを批判しているし、部落差別を例にとって、差別は公に反すると批判している。 

なのに一部の頭の悪い読者が、米国追従と、ヘイトスピーチに流れれば、わしが批判するのは当然だ。

『戦争論』に反する言動を自称保守&ネトウヨがやっているに過ぎない。

わしが変質したのではなく、読者のほんの一部がネットに影響されて、『戦争論』を裏切っているだけなのだ。 

そもそも毒にも薬にもならん本を作ったって意味がない。

小林よしのりという作家に毒があるのは、作家性の問題だから仕方がないことだ。

香山リカのように「影響力があるから描くな、発言を控えろ」というのは、独善的な全体主義者の考えであり、この類の感覚を持つ危険人物は右派にも左派にも多い。

わしはわざと顰蹙を買っているのではない。

『東大一直線』も『おぼっちゃまくん』も毒があって、嫌いだと言う人は必ず現れていた。

その延長線上に『ゴーマニズム宣言』や『戦争論』や、『卑怯者の島』があるだけだ。

「毒は要らない、偽善が欲しい」と言う人は、小林よしのりの作品には触れない方がいい。

今後はわしの書籍には、「猛毒注意」と表示するべきか?

あわせて読みたい

「小林よしのり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。