記事

学習の高速道路論まとめ

将棋の羽生善治さんが語った「学習の高速道路論」について再編集。初めて登場したのは、2006年のベストセラー、梅田望夫「ウェブ進化論」。

ITとネットの進化によって将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。でも高速道路を走りぬけた先では大渋滞が起きています。

この時点では「大渋滞を抜けるためには何が必要なのか」への明確な答えはない。2007年11月に出版された「ウェブ時代をゆく」で梅田氏は次のように語る。

大渋滞の先でサバイバルするには、大渋滞を抜けようと「高く険しい道」を目指すか、大渋滞にさしかかったところで高速道路を降りて道標のない「けものみち」を歩いてゆくのか、2つの選択肢があると私は思う。そのどちらの道を目指すにせよ、自らの「向き不向き」と向き合い、自らの志向性を強く意識し、「好きを貫く」ことこそが競争力を生むと私は考える。」と大渋滞を抜け出すには、好きを貫く精神がポイントだと説く。

そして2009年5月出版の「シリコンバレーから将棋を観る」では、「好きを貫く」から、もう一歩踏み込んだ表現になっている。羽生名人、佐藤棋王、深浦王位、渡辺竜王と将棋のトップクラスと接する中で、 超一流 = 才能 × 対象への深い愛情ゆえの没頭 × 際立った個性という方程式を示した上でこうまとめた。

「知の高速道路」が敷設され、癖のない均質な強さは昔に比べて身につけやすくなった。しかし「高速道路を走りきった後の大渋滞」を抜けるには、加えてこれらの三要素が不可欠なのだ。特に「際立った個性」の強さが、最後の最後に紙一重の差を作り出す源となるのである。そしてそれは、どんな分野にもあてはまる普遍性を有する。私は、これからの時代の「超一流」を目指すとは、突き詰めればこういう事なのではないかと思うに至ったのである。

羽生さん自身は著書「結果を出し続けるために」の中で、「自分の状況や環境、時代の流れを読んで、未来を切り拓いていく力を身につけるためには、羅針盤が効かないような状況に極力身をおくことではないか。」と渋滞を抜け出すためには、やはり自分の頭で考えることが大事と説く。

最後に、これが総まとめかな、と私が勝手に思う、羽生さんの発言。海洋冒険家・白石康次郎氏との対談集勝負師と冒険家からの引用。

道路もなければ、てくてく歩いていくしかないと思えるけど、目の前に高速道路があったら、みんなそれに乗って、どんどん、先に行っちゃう。でも、本当にその先にすごくいいものがあるのかというと、実はゆっくり行ったほうが楽しいものが見えるんじゃないか、と思ったりもします。

ここにきて、「高速道路にあえて乗らないのもありでは?」という驚きの提案。これに絡めて、最後に資産運用の話を少しだけ。

アプローチは人それぞれだけど、みんな"Financial Free"(経済的自由)を目指し、そのための高速道路として、金融市場に乗り入れてきてるはず。運良く渋滞を交わし、人よりも早く目的地に達することができたとして、「本当にその先にすごくいいものがあるのか」というと…、私はないと思う。

今の世の中、スピードだ、効率化だといって、なんだか味気ない。ついていって、渋滞に巻き込まれる人生も、にぎやかで楽しいかもしれない。でも私は、群れるのが苦手だし、渋滞を抜け出すほどの才能は…うーん。

それなら私は、のんびり、おっとりな自分の性格に合わせて、ゆっくり歩んで、みんなが見落とした、楽しいものをていねいに拾っていきたい。

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  3. 3

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  4. 4

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  5. 5

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  6. 6

    来年の日本株価は「峠に向かう」

    川北英隆

  7. 7

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  8. 8

    家計の貯蓄現在高 平均1812万円

    MONEYzine

  9. 9

    靖国で火をつけた中国人は再犯か

    和田政宗

  10. 10

    毒蝮三太夫「素人ウケはせこい」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。