記事

Engagement(エンゲージメント)は流行語?

2つの分野で別の意味で使われる”Engagement”に出会い、もしや流行語?
まずは広告業界から。
ソーシャルメディアの発達により、消費者が情報発信力を持ったことで、
登場したマーケティングのキーワードが、Engagement(エンゲージメント)。
電通クロスメディア用語集においてエンゲージメントとは、
消費者がメディアやブランドに意識を向け、良好な関係が構築されること、またその状態(関心を持つ、ファンになる、来店や購買行動を起こすなど)。・・・メディアに接触する回数・量と共に、消費者とどのような関係性を結べたのかという「関与度・視聴態度・視聴行動」を重視しよう、とする考え方。

博報堂は「エンゲージメント・リング™」を開発し、
生活者の「心が動く」という輪を中心に、「選択する」「共有する」「絆を感じる」を加えた四つの輪を、同時に動かして効果をつくるものです。
消費者行動の用語も
 AIDMA(Attention → Interest → Desire → Memory → Action )から
 AISAS(Attention → Interest → Search → Action → Share)へと
進化していたりと、
企業と消費者の関わり方が変化する中で、新しい用語も出てきているんだね。




そしてもうひとつがファンドの運用における、Engagement(エンゲージメント)。
SRIの世界では、株主の立場から提案したり対話をすることで、企業に影響を与えようとする株主行動のこと。」(住信アセットマネジメントの用語集
株主行動というと、スティールや村上ファンド以来、悪いイメージを持たれるような。
SRI(社会的責任投資)の分野から、エンゲージメントで攻めれば大丈夫?
私も何年か前、とある非上場企業の将来を憂いて、株主として動こうとしたら、
「こいつはハゲタカファンドだ」と罵られ、本当にハゲた、ニガ〜い思い出(笑)
個人で上場企業に投資してても、株主行動なんて無理。
だからファンドと企業とが、より良い未来のために、積極的に対話して欲しい。
もしかすると、SRIだからエンゲージメント、という話ではなく、
最終的にアクティブファンドの存在意義は、エンゲージメントしか残らないかも。



でも私が一番興味のある”Engagement”は、直訳で「婚約」。
博報堂のエンゲージメント・リングって「婚約指輪」じゃないのか?
そんなオチとボケはいらない!って、自分でツッコミ入れておしまい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。