記事

議長に抗議~議会事務局が組織的に関与した特定議員排除の密室会議

松阪市議会には存在しない「会派代表者懇談会」なる会議が一部の議員を排除して秘密裏に開催され、そこに議会事務局も組織的に関与していた問題で、会派に入らない3人の議員(海住恒幸・前川幸敏・深田龍)が、13日午前10時に、水谷晴夫議長に抗議文を提出のうえ、一時間近く、抗議と議論をさせていただきました。

※録音の許可を求めましたが不許可だったのでおおまかな内容です。

ーーなんでこんなことをしたのか?
議長 前からあったんと違う? わしの代(昨年8月〜)になってからは初めてやけど・・・・

ーーそんな会議は、松阪市議会に存在してはならない。必要があるなら、条例に位置付けた会派代表者会議を開催すればよい。

副議長 今回は特別なテーマがあった。

ーー特別なテーマとは?特別なテーマがあったら、無会派の議員は知ってはいけないのか?
議長 議会としてリコールへの対応を話し合うものだ。無会派の中にはリコールに関わっている議員もいる。
ーーそれが理由なら、会議の開催前に、その旨を伝えてくるべき、それもせずにイリーガル(違法)な会議を開催するとは。議長を不信任しますよ。

議長 そうしてください。任期は今月までだし。

ーー「特別なテーマ」なら、議員には知らせないのか。
議長 これは(正規の会派代表者会議の)前段階やんか。まだ決まっていない内容だった。決まったら知らせる予定だった。決まったら会派代表者会議に出して、あんたらにもオブザーバーとして呼ぶ。

ーーもともと、会派代表者会議が、密室で開催されていたから、議会改革で条例化して、公開になった。議長が開催の必要があれば、それに諮ればよい。あまり勧められないが、場合によって非公開にもできる。しかし、それでも、議員だったら、入れる。議員が知らない会議が開かれていたというのは許し難いことだ。
議長 松阪市議会は会派制をとっている。

ーー議長は、会派の(寄り合い)の代表ではなく、全議員の代表ですよ。会派制なんてものはないことは議会改革の議論の中で確認済みだ。議会としてというより、会派として対応するのなら、議長が議長室で会派代表に招集をかけるのはおかしい。

ーー事務局もまあこんな会議よく認めたなあ。それとも事務局が主導したのか。
議会事務局長 必要な資料を説明させていただいただけで・・・。

(「申し訳ありません。まもなく市長が議長のところにお見えです」との連絡あり=午前11時、市長が議長に辞表提出)

あわせて読みたい

「松阪市」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。