記事

戦後70年の談話ーーなぜ総理自らの言葉で語らないのか

安倍総理による、戦後70年の談話が今日閣議決定され発表されました。
「キーワード」と言われた、「侵略」、「植民地支配」、「反省」、「お詫び」という言葉は、それぞれ談話の中に入ってはいました。しかし問題は、これまでの村山談話、小泉談話と比較した時のその取り上げられ方。

村山、小泉談話では、侵略、植民地支配については、日本がこれを行ったことを直接認める表現でしたが、今回の談話では、主語も明らかではなく、これらを直接認める表現にはなっていません。

さらに、反省、お詫びについても、これまでの内閣において、反省しお詫びをしてきたことに触れた上で、この立場は変わらないと、言わば「間接話法」での言及になっています。

安倍総理はこれまでの国会答弁などで、村山、小泉談話を全体として引き継ぐとしてきました。ではなぜ、これまでとは異なる、間接的な言い回しを全てのキーワードについて用いたのか、安倍総理にはそこを明確に説明する責任があると思います。

週明けの国会においても、このような点が問われることになると思われます。

あわせて読みたい

「安倍談話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。