記事

ユーロ圏財務相、ギリシャ支援で合意 初回融資は260億ユーロ

[ブリュッセル/アテネ 14日 ロイター] - ユーロ圏財務相は14日にブリュッセルで開いた会合で、ギリシャに対する最大860億ユーロ(955億ドル)の支援を実施することで合意した。

ユーログループ(ユーロ圏財務相会合)での合意を受け、ドイツなどの一部加盟国の議会で同支援が来週中に承認されると仮定すると、欧州安定メカニズム(ESM)は初回融資として260億ユーロの支払いの実施を19日までに承認する見通し。

260億ユーロのうち、100億ユーロは銀行の資本増強、130億ユーロは債務返済に充てられる。

ユーロ圏財務相は6時間に及んだ会合の後発表した声明で「ユーログループは、ESMの金融支援の承認に向けた各国の手続きを開始するために必要な要素が整ったと見なしている」とした。

ただ支援実施が合意されたものの、国際通貨基金(IMF)の支援参加など、今後詰めるべき問題も残されている。

今回の財務相会合に電話で参加したIMFのラガルド専務理事は声明で、ギリシャの財政状態を持続可能な軌道に乗せるためには、欧州各国が「かなりの」規模の債務軽減を行う必要があるとIMFは見なしている指摘。

「ギリシャの債務は持続可能な状態ではなく、同国は自力で債務の持続可能性を回復することはできないとの見方は変わっていない」とした。

ユーログループのデイセルブルム議長(オランダ財務相)は記者団に対し、ラガルド専務理事はIMF理事会が10月に承認するまで何もコミットすることはできないとの立場を明確にしたことを明らかにしている。

ギリシャに対する第1次、第2次支援を通して主要な役割を果たしてきたIMFは今回の第3次支援実施にあたり、ユーロ加盟国は同国に対する債務軽減を実施する必要があると主張してきた。

これに対し多くのユーロ加盟国はギリシャに対するヘアカット(債務元本削減)はユーロ圏の規則に反するものとして反対しているが、IMFが引き続き関与することを望んでいる。

デイセルブルム議長はIMFの参加について、ギリシャの改革をめぐるより多くの情報を検証することが条件となるとしながらも、ユーロ加盟国とIMFとの間の見解の相違は縮小しつつあるとし、楽観的な見方を持っていると述べた。

同議長は、債権団は10月にギリシャの債務持続可能性について討議を行う必要があるとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  5. 5

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  9. 9

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

  10. 10

    アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現実

    ロイター

    10月24日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。