記事

潜水艦受注へ日本が豪で説明会、現地企業との協業アピール

[東京 14日 ロイター] - 豪潜水艦の選定手続きに参加する日本の官民連合は26日、造船業が集積する南部アデレードで説明会を開く。豪政府は自国産業の振興につながる提案を求めており、日本は現地企業と協業する用意があることをアピールする。

2030年ごろに潜水艦の世代交代を計画する豪州は、共同開発の候補として日本、ドイツ、フランスを指名している。潜水艦の性能面では日本が優位とされるが、日本が受注すると独仏に比べて現地企業の関与が小さくなるのではないかとの懸念が出ている。

日本の官民連合は防衛省を中心に、海上自衛隊の潜水艦を建造する三菱重工業<7011.T>と川崎重工業<7012.T>が参加している。説明会には経済産業省も加わる。

(久保信博※)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  7. 7

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  8. 8

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。