記事

本当にあの戦争に「大義」はなかったのか?



 毎年、8月15日が近くなると「あの戦争」についての言及が多くなる。書店でも戦争関連の書籍を多く見かけるし、テレビでも戦争関連の番組が増える。

 多くの書籍、報道では、日本の侵略と戦争の悲惨さが強調される。

 確かに、それらを全面的に否定することは出来ないだろう。日本軍によって殺された人々から思えば、日本軍とは恐るべき、そして、恨むべき侵略者に他ならなかったであろう。また、戦争は悲惨であったことも間違いのない事実だ。全く罪のない子供や女性の命が奪われた。そして、多くの日本軍の兵士たちが酷暑の中、餓死していった。

 二度と繰り返すべきではないという点は、全く賛同するし、何故、敗戦にいたるような戦争に突入していったのか、反省することも重要だろう。

 しかし、私は思うのだ。反省する前に、多くの国民があの戦争を支持していたという事実が忘れ去られていないか、と。
 
 戦後、一部の軍国主義者によって、騙されて戦争に突入したかのように語られることが多いが、それは嘘だ。多くの国民はあの戦争を支持していた。

 何故か。

 彼らはいたずらに好戦的だったのだろうか?侵略を好む残虐な気質の持主だったのだろうか?

 そうではない。

 日本には日本なりの大義名分があった。善かれ悪しかれ、戦争を遂行するための理屈があったのだ。

 拙著『人種差別から読み解く大東亜戦争』のあとがきから一部分を抜粋する。

 「盗人にも三分の理」という言葉があります。泥棒であっても、少しくらいは言い分があるという意味の言葉です。
 盗人ですら、三分の理があるのです。「侵略戦争をした」と糾弾される我々の父祖にもまったく理由がなかったと断定することは避けるべきでしょう。
 ところで、我々の父祖は、何故、巨大なアメリカを相手に戦争を開始したのでしょうか。
 よく考えてみると、我々は小さな頃から歴史の授業で戦争の悲惨さについては学びますが、何故、日本が戦争をしたのか、その理由について学ぶことはほとんどありません。
 本書では、その原因の一つとして「人種差別」をあげ、昭和天皇のお言葉を手掛かりとしながら、人類史上における人種差別の歴史、そして、その人種差別を擁護してきた科学者、哲学者たちの許すべからざる言葉を幾つも引用してきました。
 本書を書き終えて、私は改めて、人間を人間として扱おうとしない人種差別の恐ろしさを実感するとともに、日本の先人たちの獅子奮迅の働きに感謝したいと思いました。
 アフリカ大陸の住民、アメリカのインディアン、インカ帝国の住民、そしてアジアの植民地における住民。彼らは人間以下の存在として、本当に酷い扱いを受けてきました。
 日本人を奴隷にしてはならないという豊臣秀吉の素朴な愛国心。何としても日本を植民地にしてはならないという熱烈たる気概に満ちた明治維新の志士たち。彼らの想いが積み重なって、積み重なって、現在の日本があります。
 大東亜戦争の際、日本は「人種平等」の理念を掲げました。戦争に敗れ、国民が悲惨な思いをした事実を否定することは出来ませんが、掲げられた理念そのものが間違っていたということも出来ないはずです。
 戦後、露骨な人種差別をすることは、紳士としてマナー違反のように思われるようになりました。キング牧師が立ち上がり、アメリカにおいて露骨な黒人差別が禁止されるようになりました。南アフリカのアパルトヘイトも、許されざる犯罪行為であると認識され、廃絶に至りました。
 しかし、大東亜戦争が勃発する以前、世界中がアパルトヘイトのような状態だったのです。有色人種であるというだけで劣った存在と見做されたのです。こうした人種差別に対して、我々の祖先は憤りを感じていたのです。
 率直に言って、私は、この憤りそのものには共感します。有色人種であるという理由だけで差別されるなど、余りに残酷で愚かな話だと思います。
 戦争は残酷で悲惨なものでした。その部分を否定するつもりは毛頭ありません。しかし、戦争に辿り着くまでの日本側の主張にも耳を傾けるのが公平というものではないでしょうか。


 私は日本の戦争が解放戦争であり、アジア諸国民こそ、日本に感謝せよ、などと極端なことを主張したいわけではありません。日本にも理由があり、そのうちの大きな一つが「人種差別」の問題だったと訴えたいだけなのです。



戦後70周年ということで、安倍首相が談話を発表するという。私は、節目の年ごとに首相が談話を発表することに関して、懐疑的だ。何故、政治家が、国家を代表するような歴史観を発表する必要があるのだろうか、と思うからだ。歴史の解釈は個人に委ねられていいと思う。しかも「お詫び」や「反省」が殆どで、何故、国民が戦争を支持したのかについて触れることはない。

政治的な判断から、極めて難しいことなのだろうと思うが、首相が談話を発表するのならば、多くの国民がある種の大義名分を信じ、支持していたという事実くらいには言及して欲しいと願うが、所詮叶わぬ夢なのかもしれない。

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。